• 通知表を3から5へ。可能性を広げ、夢をかなえる、小学・中学生・高校生対象

学校が休校中だと…

Pocket

シバザクラ

進学塾好学舎&青葉予備校の授業は、オンラインながら、いつも通りの進度で進んでいます。
気にしているのが、「英語」。
以前、中学校の英語の授業が週3回になった時期がありました。
このとき、明らかに生徒の英語力がガクンと落ちました。
文科省もそれを知って、週4回にもどして今にいたっています。
つまり、週4回の学校の授業(1週間は7日間ですから、半分以上)と塾での英語の授業で英語力を高めていたわけです。
なにせ、日本人はふだんの生活で英語を使いません。
だから、英語に接する機会は授業の中でしかないわけです。
短時間でも週4回以上英語の授業を行えないか、今計画しているところです。
進度でいえば、例えば中3の例にとると、
【英語】開隆堂のSunShine3のProgram3 §3です。現在完了が終わり、仮主語It, how to~などまで。教科書とワークを使って学習しています。
【数学】平方根。ルートの乗法まできました。教科書は使わず、テキストで進めていますが、学校がないので教科書もやって方がいいのかな?
【社会】歴史。第1次世界大戦が終わりました。教科書準拠のワークを中心に学習を進めています。
【理科】運動とエネルギー。仕事と仕事率、仕事の原理まできました。教科書は使わずテキスト中心で進めましたが、教科書の章末問題なども扱った方がいいのかな?
【国語】「月の起源を探る」まできました。教科書準拠のワークを中心に進めています。

さらに問題点が。この進度は、中学校の定期試験前に2週間、テスト勉強をするカリキュラムになっています。ところが、前期中間試験はないでしょう。そうすると、速く進みすぎてしまう。まぁ、中3は早く進めば、入試対策に時間がゆっくりとれるのでよいのですが、中1、中2はどうでしょうか?テスト勉強をすることで、「復習」する機会にもなっていたわけで、定期試験がないとなると、あえて復習時間をとらないといけないのかもしれません。
なにせ、初めてのことです。
あとで生徒たちが困らないように、しっかりカリキュラムを組みなおしたいと思っています。

わたしの考えでは、多分、学校休校は今年いっぱいは続くと思って準備しています。
生徒たちの学習習慣が途切れないように精いっぱい工夫したいと思います。

「オンライン自習室」と「LINEでの質問対応」も同じように進めていきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。