今日は中3、新年度第一週が終わりました

三月第一週も終わり。

高校生は、来週から期末テストなので、自習室を開放。

中3は、国語、理科、英語。

国語は、ワークを使います。やっと届いたので、中1・中2の復習。教科書が変わるので、実際は習ってないが習ったことになっているものもあるので丁寧に。

理科は、物理。中1で「力のつり合い」をやったことになっているので、新課程に沿って、力の合成、3力のつり合い、力の分解、中1から移った、水圧・浮力。

昨年度まで長く使ったテキストが廃版になってしまったので、授業スタイルを修正しながら。

英語は、前回に続いて、4技能テキストを。前回で英語ができない生徒のできない理由がわかったので、スタイルを修正しながら。前年度に12月からやって、成果がでることはわかったので、徹底的に使いまくる。ただ、教科書内容も必要。教科書も教科書ガイドも4月にならないと手に入らないのでこれを逆手にとって4技能指導を徹底します。

三月、塾に通う意味がいちばん高いかも。

ここで、学びの基礎スタイルができる。

昨年度に続き、私立高校・公立高校、全員合格!!

今日は、3月5日は、令和3年度の千葉県公立高校入試の合格発表がありました。

結果は全員合格でした。

昨年度も私立高校入試は前期全員合格、公立高校入試も前期で全員合格を決めました。
今年度も私立高校(前期)、公立高校入試とも全員合格で、2年連続となりました!

今日合格を決められました受験生に皆さん!合格おめでとうございます!

普通科進学者は、入学式のあと早速”スタディーサポート(模試)”があるはずです。

高校での勉強の試金石。ちゃんとステディーチャージをこなして、よい結果を出してください。

後期期末テストの成績がわかってきました

後期期末テストの成績表がだんだんわかってきました。

まずまず。得点的には大体アップ。ケアレスミスでかなり失点した生徒も。

テスト問題も見てますが、やはり480点とかとる生徒は、問題文をよくチェックしている。問題文に鉛筆でアンダーラインをきっちる引いている。

次のテストの時は、これを見せて、ケアレスミス撲滅をさせたい。

新中3は、テキストが半分未着。

英語は、例の4技能テキスト。

改訂になったので、パワポを手直し。

やはり、教科書とワークだけではわからなかった、英語の得点が低い子の理由がわかってきた。本当はこのテキストだけでいきたいのだが、教科書内容をやらないと、学校の定期テストができない。

とりあえず、3月・春期講習はこれで。新中3は、現在完了が抜けてしまうので、ちょうど受け身と現在完了までいける。さらに、英語のリスニングや長文読解の方法まで伝授できるので4月の実力テスト向けにもグッドだ。

数学は、式の展開。多項式×多項式。入試があるから、3月に式の展開、4月に因数分解、5月に平方根、6月に2次方程式。塾は塾のシラバスに沿って確実に進める。

社会は歴史。日清・日露戦争。

昨日の中2の歴史は、テキストが一新されていてビックリした。「ヨーロッパ人との出会い」なのだが、世界史がかなり追加になった。東西ローマ帝国の分裂から、東ローマ帝国がビザンツ帝国に。さらに西ではイスラム帝国が拡大してイベリア半島まで勢力をのばした。ついで、オスマン帝国が登場。中学生は、かなり負担が増えた。コンスタンチノープル(イスタンブール)を首都としたオスマン帝国は、ボクらの時代には、セルジュークトルコ→オスマントルコ、と習った。第一次世界大戦で同盟国として出てくるのはこのオスマン帝国。敗戦後、領土が線引きで分割されたのが現在の西アジアの問題の根源になっているのだが、中学生には難しいのでは?

日本史さえ怪しいのに。

今日、新中3生に「日清戦争で勝ったのはどっち?」と聞いたら「うーん、清!」だと。

第二次世界大戦・太平洋戦争まで日本が敗戦をしていない事実さえ、ちゃんと小学校で教えられていない。

負けなかったから、満州事変、日中戦争、太平洋戦争と泥沼にハマっていったことがわからないんだろうなぁ。

そういう生徒たちと、日々学んでいます。そして、成績を伸ばしています。あんまりひどくならないうちにちゃんと学ばせてくださいな。ほんと。

今日から新年度!

進学塾好学舎て青葉予備校は、今日から新年度になりました。

新小5は、算数と英語。

算数は、小4の内容がどれくらい理解しているかチェック。

今のカリキュラムだと、小5は算数、英語、国語とも、大切な学年なんです。

算数は、特に小数の掛け算、割り算。かつ、分数の通分・約分。算数から数学への転換。

手前味噌でなく、小5から塾に通わないとまずい、と思います。

国語は、古文が小5に集中。

英語は、小5からだと、アルファベットから。ワークでは、小6はアルファベットないのです。

いきなり英語。小4までに、アルファベットやローマ字はできる前提。

新中1は、アルファベットから。3月中には、フォニックスが終わり。フォニックスとは、つづりと音の関係。

英語を学ぶ基礎中の基礎。

数学は、正負の数。

歴史は、小学内容の復習から、四大文明へ。

三月。新中一には、基礎を固める大切な時期です。

千葉県は新型コロナ新規感染者が減りません

今月で、緊急事態宣言が解除となる自治体も多くなりました。

首都圏でも、下げ止まっています。

が、千葉県だけは増加しています。

早くワクチンが行き渡って欲しいもの。我が家は、この一年間、会食・外食・不要不急の外出をしない、をしっかり守っています。今年いっぱいはまだ続きそうですね。

で、よく聞くのは「サイトカインストーム」。

ボクが院生で免疫研にいたころは、教科書には、リンホカインとかモノカインという言葉はあったのですが、サイトカインという言葉はなかった。

しかし、今は、高一の「生物基礎」の教科書に載っています。

インターフェロンとか、インターロイキンなど、免疫細胞が分泌するタンパク質をまとめて、今はサイトカインといいます。

似た単語のサイトカイニンは、植物ホルモンです。

動物も植物もホルモンによって、体の調整をしており、タンパク質系のペプチドホルモンと、脂質系のステロイドホルモンがあります。

これも、生物基礎で「恒常性ホメオスタシス」で動物のホルモンと自律神経系について、生物で植物ホルモンについて学びます。

高校の理科では現代化が凄いです。

ファイザーのワクチン、m-RNAはさすがに、ボクらが高校の頃から教科書に載ってます。ただ、高校の先生は日本語の伝令RNAと教える方が多いようですが。

ボクは、メッセンジャーRNA、トランスファーRNA、リボソーマルRNAと教えますが。

話を戻すと、リンパ球の間の連絡物資のサイトカインが、新型コロナウイルスでなぜか混乱して多量に分泌することが、重症化のポイントらしいですね。

体を守るシステムが逆に重症化の原因となる。難しいウイルスです。

早く千葉県も感染者が減って欲しいものです。

2021年度千葉県公立高校入試の平均点予測

昨年度の高校入試の平均点は
前期 261.6点
後期 287.2点
でした。

問題を解いてみた感じの感触では、平均点は300点くらいいくんじゃないかと思っていましたが、どうも300点には届かないようです。

私立単願者などもいてサンプル数が少ないので信頼性は今一歩ですが、

予想平均点 270±10点

です。サンプル数が少ないので、例年のように±5点までは絞り込めませんでした。

2021千葉県公立高校入試 2日目も終わりました

理科は、解説するほど難しい問題は出題されていなかったですね。

3の問題、ちょうど中2生が後期期末テストで同様の問題が出てました。
ので、ちょっとこぼれ話を。
ある中学校の問題で、これに続いて、「上方から磁石のN極を近づけたとき、明るい線のようすとして正しいものを選べ」という問題で、選択肢の中に正解がない・・・という珍しいことがありました。

フレミング左手の法則で、電流の向きが右から左方向、磁界が上から下方向ですから、手前方向に曲がります。

高校生なら、これはローレンツ力の問題で、磁束密度B[T]、電気量q[C]、速度v[m/s]の荷電粒子が角度Θで入り込むと、f=qvBsinΘの力を受けます。この結果、荷電粒子は円運動を行います。

令和3年度千葉県公立高校入試 1日目が終わりました

比較的難しかったと思われる。数学 4(2)の解説を書いてみます。

4 (2)AO=2cm、CB=3cmのとき、線分BDの長さを求めなさい。

ABが直径ですから、円周角の定理により∠ACB=90°で、△ABCは直角三角形です。
また円の半径は等しいので、AO=BOで、AB=4cmです。
三平方の定理よりAC=√16-9=√7となります。

あとは相似を考えます。
△ECB∽△EDOで相似比は3:2(AO=DO=2cmです)
よって面積比は2乗ですから9:4です。

同様にBE:EO=3:2より、底辺の長さの比が面積比ですから、2:3=4:△BEDより△BED=6です。

次にOE:EB=2:3ですから、AE:EB=7:3となり、△ACE:△CBE=7:3=△ACE:9より△ACE=21となります。

最後に△ACE∽△DEBですから、相似比の2乗が面積比になるので、√7:BD=√21:√6
右辺は約分できて√7:BD=√7:√2ですから、BD=√2が求められます。

気がつけばアッという間ですが、どうしても三平方の定理であっちこっちの長さを求めたくなってしまい、混乱した受験生もいそうですね。

ボクの場合は、OD=OBの二等辺三角形が見えて、(1)から△ACD∽△DBOを証明しているので、ADかCDを求めて、比を使おうと初めは結構考えました。

今日の入試の傾向は千葉日報で。https://www.chibanippo.co.jp/

2020年度の最終授業が終わりました

今日で2020年度の最終授業が終わりました。

2020年度。いきなり学校が休校になり3ヶ月間。

4月・5月は完全リモート授業。

夏休みも冬休みも短縮になり、休日を削ってなんとか対応。

安倍さんの思いつきに振り回されました。

と思いきやや、7月からはゴーツーで感染が拡大。特に秋からは、急拡大。学校でもクラスターが発生。

ヘトヘトの一年間でした。

3月から新年度。月4日の休日は最低確保する働き方改革を実現したい。

生徒の100%成績アップを実現したい。これはあと一歩。9割以上は実現できました。

公立高校直前模試を実施中です!!

今日は、恒例の「公立高校直前模試」を実施しています。

今年度から千葉県公立高校入試は一本化され、今回も来年度も2月24・25日が入試日となりました。

中学校は、昨日の土曜日から23日までを連休になりました。

茂原市内も長生郡部も2月22日の月曜日は中3は新型コロナ感染防止のためお休みになっています。県内全域がそうなのかはわかりませんが・・・

入試時間割も変更になり、休憩時間が長くなりました。トイレが混雑したりするのを避ける意図なのでしょう。

「公立高校直前模試」は、毎年、模擬テスト会社に模試の1月号の余りを捨てる前にくださいといって、生徒分をもらって一年寝かしてあった問題を使います。それと昨年度1月号の偏差値換算表、今年度の予想合格偏差値を入力して準備します。

生徒がテストを1教科終わるごとに採点して、データ入力すると、ひとりひとりの成績表を印刷してすぐに渡して終了、となります。

1月の模試は冬休み最終日なので、やはりそこから一か月以上間があって、力が伸びてきていますので、この偏差値が最も入試本番に連動しています。

特に倍率の出ている千葉市内の進学校を受験する生徒は、合格可能性が気になるところ。

第7学区は全体に低倍率なので、あまり不合格の心配はないのですが、以前とは違って、定員以内(倍率1倍以下)の場合でも、公立高校は不合格者を出すようになっていますので、絶対合格できる、とはかぎりません。

追試験が3月3日、コロナ対策の特別追試験が3月19日に設定されています。

千葉県内の新型コロナ感染者数は150名程度とあまり減っていませんが、長生郡市はここ一週間ほど感染者が出ていないのが救いです。

がんばれ!! 受験生!