高校は定期テストに

中学が定期テストが終わったら、高校が定期テスト。

三角関数を聞きにくるやら、古文を聞くにくるやら。もっと早く勉強せい!

小5は「割合」、「How much」。

百円台がなかなかいえなくて苦労しました。

中1は、国語は「少年の日の思い出」の最後。

あとは、文法のまとめ。

理科は「地震」と「プレートテクスト」。以前は、小学校の国語の教科書にアルフレッド・ウェゲナーの大陸移動説が載っていたような。

英語はCan IとCan youの復習と、紹介文。次回から、現在進行形。

来年度、教科書改定で英語は苦労しそう。

特に、中1は、小学校で単語や表現を知ってる前提。

知ってない生徒がきたら、対応できるのか、心配。

漢字ができない生徒は、英単語もできないので、本当、あまりにできないせは受け入れ不能かも。

個別指導でも、ムリなものはムリでしょうねぇ。

中3は、今週6日(日)が千葉県統一テストです

今日は、この冬一番の寒さ。

夕方、小3、小4生の学習日。

高校生も早くから来て、テスト対策の「青プリ」に取り組んでいました。評定アップは、進学に重要。

中3は、国語は文法の最後。高校の古典では、文語文法と古語単語がポイントになります。まずは、中3で口語文法を理解して欲しい。「れる・られる」は、受身・尊敬・可能・自発と4つも意味があります。が、文語文法の「べし」になると、「すいかとめてよ」と覚えるくらいたくさん。推量・意志・可能・仮定・当然・命令・予定と、なんと7通りも! 口語文法が理解できてないと、文系に進んだら大変です。理系、数学・理科があるので、そっちはそっちで。

理科は、中3内容が終わったので、総復習。高校入試はもちろん、私立高校単願なら入試より、高校入学後。ほとんどの場合、高1で生物基礎・化学基礎を必修履修。高2で地学基礎か物理基礎を選択必修。理系は、高2・高3で生物・化学・物理から2教科が選択必修。文法でも1教科選択必修の高校も多いです。

英語は、最後のマララさんの話。来年度、中学の教科書改定で特に英語は全く別物になってしまう。しかし、単語や連語が重要なので。例えば、in order toがここで出てきます。文法の総復習の意味も。あとは、長文・リスニング重点に。

小学生、中学生、高校生まで、全体の流れをみて指導できるのは、進学塾好学舎しかない! と、自負しています。ムリ・ムダ・ムラのない、効率的で最速の、であって、深みのある教科間の有機的なてながりを持った指導を行っています。

中学生は、今が正念場

高校は、もうすぐ期末テスト(後期②テスト)。

日曜日も、テスト勉強に、頑張ってました。

中学生は、成績表が大体出揃いました。

中1は、9月より取れている、先行き安泰な生徒と、やはり悪い意味でテスト慣れしてダウンした生徒が半々。

最低8割、平均9割は死守したいところ。

中2は、生徒に聞くと、コロナ前から学力差が大きかったと。

まずいですよね。定理テストで、300点いかないようでは。

頭が先天的に悪いか、勉強への姿勢が間違っている、

多分、後者。やるべきことを最低やる。それができないのなら、勉強のみならず、将来の、仕事もできない。

中3は、「伸びしろ」多い生徒は、50〜100点くらいの伸び。まだまだ伸びる、余地はあるんだけど時間がない。

小6が中学に、上がったときが一番のチャンス。今、一番伸びて欲しいのは小6だ。

中学生の学力テストがコロナで広がっているようです

中学生の定期テストの結果が返ってきています。

ある中学。5教科450点で、学年順位8位。が、この中学は一学年80人くらいなので、上位の10%。問題が簡単なのかと言うと平均値は249点。

高校入試と同じ標準偏差90で計算すると偏差値73。

多分県偏差値だと64くらいだろうと思う。だとすると、標準偏差がかなり大きい。つまり、上下の差がすごく大きいことを示している。

昨年度まで、地元の中学でこんなに標準偏差が大きかったことはないので、新型コロナウィルスによる3ヶ月間の学校休業で、学力差がかなり広がっていると思われる。

他の中学、他の学年も詳しくしらへみないといけないが、多分、間違いないのだろう。

真ん中以下の学力の生徒が、総崩れになっているのではないだろうか?

今日の小五の算数は「割合」、英語は「What would you like?」。なんと小五でwouldが出てきちゃうのね。

中1は、国語は「少年の日の思い出3」、理科は「地震」、社会は、アフリカと北アメリカの復習。

冬休みあけの実力テストに向けて、しっかり足元を固めていきます。

中学の勉強が高校につながってますよ

先日、茂原高校の一年から数学の質問が。

4点が、同一円周上にあるか?

おいおい、それって、この前中3の授業でやったとこ。キミも、一年前に教えたでしょう?

もう一問は「内接四角形の定理」がらみ。数検を受験する中3には、9月に「内接四角形の定理」と「接弦定理」も教えてしまう。

先日、大網の塾長に会ったとき、

「来年度から数検を全員必須にしたなぁ」と。実はボクも本当は同意見で、9月に「相似」「演習」「三平方の定理」のアウトラインを教えておくと、後が楽なんだよねぇ。

ただ、受験料がかかるのと、全員合格するとは限らないので強制は難しいのが悩み。

今日の小6算数は「割合」。英語は「What want to be〜?」から「Why?」と理由を説明する言い方。

中2国語は、「君は『最後の晩餐』を知っているか?」。国語とは別に「レオナルド・ダ・ビンチ」って、歴史のどこででてきた?とか、「レオナルド・ダ・ビンチって、最後の晩餐以外にどんなものを残してる?など、教養をつい聞いてしまう。

ルネサンスの万能人は知っていて欲しいですものね。

理科は天気。いよいよ飽和水蒸気量と湿度計算。

社会は、地理の「東北地方」。長生中だけは、すでに東北。南中、早野中はまだ。

確認テストで知識を積み重ねながら、どんどん進めています。

高2の数学では、数列の質問。素因数分解したあと、「約数の和」について。

高校は、もうすぐ期末テスト・後期①テスト。

連休を経て 実力テスト、入試に向けて

久しぶりの連休。これで11月は3日間やすめました。月末にも休んで、今月は目標の月4日の休みが取れそうです。

休ま明けの昨日。

小5算数は、中の島小が「平均」まできているので、こちらは「割合」に。

国語は、枕草子の「冬」。これで、「春は曙」から始まって、最後まで暗記できました。

中1は、たまたま優秀な生徒が多いので、偏差値65あたりを標準にした授業。

国語は「少年の日の思い出」。ドイツのヘルマン・ヘッセ、高橋健二訳。

木更津の塾長で、ヘルマン・ヘッセを原文で読みたいと、日大文理学部独文科で学んだ人がいます。ボクも、中学のときに「車輪の下」など読みました。

数学は、平面図形の、平行移動・回転移動・対称移動。次回から作図。

英語は、How。茂原南中だけは、進度が速くて、ほぼ同進度。

コロナ休校関係なく、昨年度並の進度。

今日の中3は、レベルいろいろな生徒がいるので、基礎から発展まで。

国語、理科、社会ともに、教科書内容は終了。

国語は、文法総合。

理科は、天体の総復習。

公民も、リワークで、総復習をランダム演習で。

理科は、やはり茂原南中は、速くてほぼ中3内容が終わったらしい。

コロナ休校は、関係なし。

多くの中学では、ムダ話をやめて授業を進めた結果、コロナ休校関係なし。

だよなぁ、と。ふだん、あまりにもチンタラやってるから、時間切れで最後は駆け足に。シラバス通りに進めれば積み残しなんてないはず。

とはいえ、茂原南中の英語は、進度が早すぎるような気がするが。

中3理科も早いのでは?あと何やるのだろう?

2学期末までに教科書を終わらせるくらいが、ちょうどいいのに。

数学は、睦沢中、長生中は、2学期に教科書内容が終わる。のだが、中3の数学は、これは相当速いスピード。

落ちこぼれが多量にでてないのかなぁ。

学年一位

先日の中1は、学年一位でした。

証拠写真を載せようと思いましたが、個人情報に問題ないか、再度写真をチェックしてから載せます。

塾のチラシで、成績アップを載せるのはいいのですが、写真や中学名、個人名まで載せているのがあって、ビックリします。

ネット時代、自分の家族でも写真などは、公開にかなり逡巡します。

ネットに転載されたら、拡散され、いつ犯罪のターゲットになるか、わからないのに。

今日は、まさに「小夏日和」。

特に夜になって蒸してきました。

我が家では、なんとクーラー。

11月にあり得ない。

小五の算数は中の島小に追いつかれたので、急ぎ「単位当たりの量」へ。が、単位当たりの量や割合は、小5の超重点内容なので、じっくりとやりたいところ。

英語は、なんとwould you like 。

助動詞の過去形!小学生は大変だぁ。

中1は、理科は火成岩、地理は北アメリカ、数学は平面図形に。

Googleが、今後の新型コロナの感染をAIを使って予測するhttps://datastudio.google.com/u/0/reporting/8224d512-a76e-4d38-91c1-935ba119eb8f/page/ncZpB?s=nXbF2P6La2M

早く手を打って欲しい。いくらゴーツーと言ってもこれじゃ、ふつうは出かけないでしょ。

テストが終われば、次のテストに備える!

今日は、暖かい一日でした。

中の島小6は、明日は館山に、修学旅行代わりの旅行だそうです。

気温はよいですが、にわか雨の予報。天気がもてばいいですね。

そんな小6の算数は「小学校の復習」で「割合」。

英語は、「What do you want to be?」

テストが終わった中2は、理科は「天気の観測」、社会は「関東地方」、数学は「三角形の合同の証明」

理科、社会は、緊急事態宣言あけから、猛烈なスピードで進んできたので、過去最速。

早野中だけやや遅いが他は、1月には日本地理が終わり、歴史も第一次世界大戦、もしかしたら、第二次世界大戦まで終わる進度。

理科は、南中がやや遅いものの、すべての中学で2月までには、中2内容がコンプリート。

英語は、早野中だけやや遅いが、他は早い。接続詞when,ifなど。

頭を使ったら痩せるか?

夜、テレビを見ていたらこんなのをやっていた。

チャンカワイという芸人が、

①2の階乗、3の階乗を億のけたになるまで暗算する。

②新しい企画を考える。

③開成中学の算数の入試問題を解く。

と、三段階で3日間頭を使い、痩せるか?という企画。

こんなの、テレビでやるまでもなく、痩せるに決まってる。

①脳は、一番カロリーを消費する器官なので、ふだんより脳を使えば痩せる。そんなこと、毎年受験生を見ているから、分かりきっている。痩せない受験生は入試で落ちる。だから、受験生は、男子も女子も引き締まった、よい顔をしている。

②それだけではないと思う。ふだん使ってない脳を使う、心理的なプレッシャーが内臓に影響を与えている可能性も大きい。人は、環境が変わると体重が落ちる。時に、ノイローゼや鬱病にも。

とはいえ、体重の落ちない、顔つきが美しく変わらない受験生は、受験に対する姿勢が不十分です。

最近、顔つき変わったね!

と言われて、初めて一端の受験生です。

高校受験だと、4割くらい、大学受験生だと8割くらいは、顔つきが変わります。

が、合格すると大抵は戻ってしまい、成績も戻ってしまう。

その顔つきままいられると、高校で、大学で、上位になれます。

そうであって欲しいもの。

英検、数検 みんな合格

茂原高校の一年生から、英検二級合格の知らせ。次は、準一級だね。

睦沢中3の男子からも、英検準二級受かりました、と。

数検も、4級を受けた中2女子と、8級を受けた小4の子が受かってました。

チャレンジすることが素晴らしい!

中3は、中間テストの終わった南中生は12月の実力テスト対策。明日からの、冨士見中、睦沢中、長生中の生徒は、中間テスト対策。