千葉県内申書の仕組み


千葉県の公立高校では、学力検査+調査書+個別試験で合否が決まります。

1.学習の記録


これは、令和2年度入試まで使われた調査書の「学習の記録」です。
中1から中3まで、9教科について5段階で評価が記載されます。3年間で比較すると、オール1の場合1×9教科×3年間=27点となり、オール5の場合5×9教科×3年間=135点となります。
この差が、入試ではそのまま点差となります。
なお、不登校などで試験を受けていないなどしたときは、斜線になっていますので、0点ということになります。

オレンジ色にした「中学校評定合計平均値」は、換算内申を算出するときに使用されていました。
基準値α=95として「合計値+95-中学校評定合計平均値」が換算内申として利用されてきましたが、令和3年度から換算内申は廃止となり、生徒の内申点が直接使われることになりました。

私立高校入試では、主に中3部分が使われ、内申基準値に達しなかったり、「1」があるときは入試相談が通らないことになります。

 

2.総合学習の記録・出欠の記録・行動の記録


①総合学習の記録
これは、合否の参考にはなっていないようです。

②出欠の記録
欠席日数が多い場合は、「審議の対象」になります。
なぜ、欠席が多かったのを事前申告することができます。

私立高校入試では、年間10日以上の欠席は入試相談を通らないことが多くなります。

③行動の記録
〇の数によって「加点」されることがあります。高校ごとに扱いがことなります。

3.特別活動・部活動の記録

生徒会活動と部活動の記録は「加点」対象になります。
特に県大会以上のレギュラーメンバーは進学校でも「加点」の可能性が高いです。
しかし2020年度、新型コロナの影響で大会や演奏会がほぼすべて中止になってしまいました。
このため、部活動の部分の「加点」はどうなるか不明です。

その他、英検、漢検、数検などが「加点」される高校が多いです。
3級以上が基本ですが、「4級以下でも、受験したという姿勢を評価する」という高校もあるので、積極的に受験しておきましょう。