令和3年度 千葉県公立高校入試 評価項目の配点


ようやく、令和3年度の千葉県公立高校入試での高校別の評価項目の配点がでました。
生徒には印刷して今日配布します。
7学区のみ概要をお伝えします。

学校名学科学力検査調査書学校設定検査総合点
長生普通500135作文10655
長生理数600 理数×1.5135作文10745
茂原普通500135面接40725
茂原樟陽全学科500135面接50715
一宮商業くくり500135自己表現50710
大多喜普通500135自己表現18703
大原総合500135面接45705
調査書に対して、記載事項により加点があります。総合点は加点上限を加えた数値です。

調査書に対する加点上限は、茂原、大多喜が50、茂原樟陽が30、一宮商業、大原が25、長生普通が10、理数は0となっています。

また、一宮商業、大多喜、大原は、2段階選抜を行います。これは令和3年度からはじまる新しい方式です。定員に20%に対して、調査書や記載事項、学校設定検査の配点を2~5倍まで増やして合否を判定するという、ちょっとわかりにくい制度です。

いずれにせよ、令和3年度高校入試に向けて着々と進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です