公立中学に進学する小学生な大切なこと


今日の小6は算数が「拡大図と縮図」、国語が「柿山伏」。

公立中学に進学する多くの生徒は、受講がありません。

都内や千葉県でも千葉市以北は、小6の約半数が、私立中学や公立中高一貫校などを受験して進学していきます。

NHKのチコちゃん風に言えば、

「ボーッと生きてんじゃねぇよ」

みたいな状態になりがちです。

田舎の小学生に必要なことは。

英語。小学生英語が普通になっているので、英語ができないと、中学からかなり苦労します。

①教科書の音読ができる

②その日本語訳ができる

③その英文が書ける

でしょうか?

②は、日本語が助詞で主語や目的語を表すのに、英語では語順で表すことが理解されているか必須です。

〜は、〜を、〜する。

英語ができない生徒は、この「は」「を」がなかなかでてきません。

日本語的には小4の国語の文法が身についていないのです。

いやいや、小4の国語は大丈夫ですよ。

と思ったら、まず90%の子どもは十分でないことを知っておいて下さい。

実際、ある塾でセンター試験間際の高3生に小4からの国語を練習させたら、国語も英語も得点が大きくアップしたそうです。

英語が伸びない理由は、国語が論理的に読めていないことが、かなりあります。

主語、述語の関係などが、論理的にとらえられていないのです。

なんてなく、で終わっているからです。

だから、進学塾好学舎の中学英語では、しつこいくらいに主語、述語〈動詞〉を聞きます。

だから、国語が大切なのですね。

勝手読みや、読み飛ばしを防ぐには、音読させるしかありません。

すると、かなり勝手読みしていることがわかります。

読解力は、母語、つまり日本語より英語が上になることはありません。

漢字、語彙→音読→読解力→国語力→英単語→英文法→英語力となるわけです。

どれも簡単に身につくわけではなく、地道な努力が必要です。

さて、中2地理は、地形図の復習をやりました。

小6の算数と、まったく同じ。

縮尺○なら1kmは何cmか、逆に地図上の○cmは実際は何kmか。

小学校の勉強は、中学の勉強の土台です。

今日もいました。

地図上の上の方位は?

「初めて知りました」

いやいや、毎年、いっぱい。

小学生から塾に通う意味は、そういう部分をなくして、中学からも勉強がわかるようにするためです。

小学校のテストは、100点が普通です。

80点なら危険。

60点以下なら、落ちこぼれの可能性大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です