茂原北陵高校へ行ってきました


新型コロナの感染防止のため、外食・会食は一切せず、外出は極力控えています。

そんな中唯一の市内の私立高校である茂原北陵高校へ行ってきました。

テスト業者のOさんもいらしていて、県内の他の私立高校入試の情報も聞くことができました。
COVID-19の影響で、3、4,5月が学校休校となったために、今まで中3の1学期・前期や12月の成績で事前相談をやっていた私立高校の多くは、中2の成績と中3の成績を足して2で割る、という方法をとるようになっているそうです。

茂原北陵高校は、1学期・前期または12月の成績のいずれかで基準をクリアしていればよいそうで、併願基準もかなり変わりました。

今までの前期・後期入試を廃して、前期だけになります。
事前相談が必要な推薦入試形態です。
欠席日数や内申基準も必要に。

特待(学費減免)の基準も明確にして、わかりやすくなった印象です。

とはいえ、入学時の一時金は約50万円ほどで、校納金もMAX35200円/月かかるとなると、やはり私立高校へ安易に進学するわけにはいかないなぁ・・・とは思います。

MAXというのは、国、県、学校独自の就学支援金により、年間所得350万円以下の家庭の場合は、10200円/月となります。

県内私立高校は、みんな前期になりそうですね。
出願はWEB出願。

詳細は、各ご家庭にお知らせしたり、面談でお伝えしたりしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です