算数は小5が鍵!しっかり乗り越えよう


実は、小学生の算数を教えるのは、30年ぶりくらい。

小学生は国語をメインに教えていて、中学生から数学を教えるパターンでした。

というのは、算数と国語では、国語の方が教えにくいからです。

漢字はともかく、読解はなかなか難しい。

これは、中学、高校でも同じですが、中学、高校では文法や古文、漢文なども入ってくるのでまだしもやりやすい。

が、小学生に算数を教えてみると、特に、小学5年生は難しいことを実感した。

もちろん、小1の足し算、引き算、小2の掛け算九九、小3、4の割り算の商の見立てもクリアしたとして。

小5は、小数の掛け算・割り算、分数の通分・約分はなかなか強敵。

小6の方がだんぜん易しい。

ああ、ここが分岐点なのだな、と実感する。

英語の小5からの必修化でこれに拍車をかける。

新課程の英語は、小5も小6もかなりハイレベル。

かなりの生徒が、困っていると思われるのだが。

コロナの影響もあって、駆け込んでくる生徒はいない。

今の状況からみると、駆け込んできた頃には、もはや手遅れになるように思う。

一方、コロナでも塾にきた中1は、なかなか好調で、期末テストも最低8割はなんとか。

学年順位もまずまず。

問題は、出遅れた人で、これから頑張ろうという人。

半年のハンデは大きい。一日も早く追いつき、追い越す意識が大切では。

というのも、千葉県統一テストの偏差値からみると、定期テストがよすぎる。

つまり、都市部の中1は、3月から着々と勉強してきていた。

だが、田舎は、休校騒ぎで後手に回っているということ。

お金は稼げばなんとかなるが、時間はもとにはもどらない。

早く手当てした方がよいと思うのだが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です