前期期末て、中1は全員400点以上かな!?


やっと中1も、成績表が出始めました。

最低400点、平均450点くらい行きたいとところ。

前期期末テストが終わってから、全教科狂ったように確認テストをしている。

確実な学力をつくりたいから。

小学生も来月から、確認テストを増やしたい。

中1は、「比例」の確認テストをして、宿題の確認をしてから、「座標平面とその利用」。

時間からグラフに入るので、ここは絶対外せない。

社会は、「室町時代後期」の確認テストから、「ヨーロッパ人との出会い」。

ギリシア文明→アレキサンドロスのマケドニア→ローマ帝国まで復習して、ローマ帝国が西ローマ帝国と東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の分裂、キリスト教のローマ・カトリックと正教会への分裂→イスラム帝国の勃興→十字軍→ペストの流行とルネサンス→宗教改革→大航海時代→カトリックの改革とイエズス会→ザビエルが日本へ。

ていう流れ。今のローマ教皇は、フラシスコ教皇だから、日本人にはなじみ深い。

理科は、「光の直進、反射、屈折」を確認テストをして、メインの「凸レンズ」。

社会は、歴史と地理を交互にやるシラバスなのだが、茂原南中が歴史をチョッパやで進めたので、引きずられて、歴史先行。あとは、地理に。

昨年度中1は、数学で、最後の図形の理解が不十分だったので、ここに時間をかけようと、進めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です