中3は新しいメンバーが増えました


今日から、中3は、千葉東高校を狙う、新しいメンバーが増えました。

お兄さん、お姉さんも通ってくれて、お姉さんは、見事、千葉東高校に合格・進学。

他の中3生も、実力テストでだんだん成績・順位がアップしてきて、次回が期待されます。

その中3、理科は「地球の公転と季節、南中高度」

社会は「労働基本法」。

数学は「相似」。意外にも、睦沢中は相似に入っています。

中3数学は、「円」「三平方の定理」「標本調査」が残っていて大変。

教育委員会にいる同級生か、「今の若い数学の先生は、自分たちが習ってないのに、生徒に標本調査を教えなくちゃならくなくて大変だよね」と言ってましたが。

ボクらは、理数科だったから、「複素数平面」や「二次曲線」やったが、普通科はやらなかったはずなので、高校の数学の先生は大変?

大学で学んだはずだから、ノープロブレムだと思うんだが。

教育学部の出身に聞くと、大学のカリキュラムはいろいろ。

千葉大の中学理科だと、物理はかなり厳しいらしい。そもそも、大学のカリキュラムはバラバラだし、高校も先生によりかなり偏りがある。

最悪は、高校の社会。

県立高校で教えた経験では、カリキュラムは先生が決める。

ので、面倒なところや、苦手なところはバス。自分の好きな部分だけ教えてもいいのだよ。

中学はさすがに、そこまで酷くないので、一応は。時間切れにならなければ。

ボクらは、なるべく11月中に、遅れても年内には終わらせて、高校入試には間に合わす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です