縁起の悪いことって、知ってますか?


僕が言うと家内が怪訝な顔をする。

①ご飯に箸を立てる

これは家内も知ってます。子ども達にも、『ご飯に箸を刺すな』と。

葬儀の時に、山盛りにした茶碗に、箸を垂直に立てるからです。

②家の中で靴を履くな!

以後は、昔の土葬を知ってるかどうか。

土葬では、棺を担ぐとき、担ぎ手は棺の横で新しい草鞋を履きます。だから、家の中で新しい履き物を履いてはいけない。

③同じところをグルグル回るな!

家の中から担がれて出た棺は、庭に棒・柱が建ててあり、このまわりを三回半時計周りに回ってから、敷地の外に出ます。グルグル同じところを回るのはこれを想起させます。

④水にお湯を足すな!

お湯に水に足しても、水にお湯を足しても、ぬるま湯になります。亡くなった人を拭うときは、『逆さ水』と言って、水にお湯を足してぬるくします。

のように、葬儀を思い起こす動作は禁忌とされてきたのです。

でも、最近は、土葬もなく、葬儀も簡素化されてきたので、そういう昔の常識や風習は、すたれてきたのかもしれませんね。

ちなみに、土葬のばあさんは小学2年の昭和51年。じいさんは高校1年の昭和59年で火葬。土葬は禁止になってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です