口語の文法は、できませんね


今日の中3国語で、文法を。

偏差値60代でも、全然できない。

用言の活用。

活用。未然・連用・終止・連体・仮定・命令。がまず。

次に、ない・よう、だ・ます、○、こと、ば、まる。『内容騙す、丸言葉丸』で接続を。

まずは、形容詞。

かろ・かっ、く、う・い・い・けれ・まる

次に、形容動詞。

だろ・だっ、で、に・○、な、なら、○。

ついで、動詞。

五段活用連用形だけ、『っ』『ん』『い』の音便が。

こんなの中2までに習って、知っているべきこと。

これで高校生になれば、文語文法で苦戦するに決まってる。

形容詞は『ク活用』と『シク活用』に。

形容動詞も増え。

動詞は、『四段』『上一』『上二』『下一』『下ニ』や『ナ変』『ラ変』など増えていきます。

そして、仮定形ら已然形に。

まずは、口語文法をしっかり身につける。

これができないんだなぁ。

千葉県の公立高校入試も、20年ほど前から、文法が軽くなって、数代に。

聞き取りとか、書き順とか、いろいろ工夫するはいいのだが、なんか違うような。

進度では、長生中と睦沢中の数学は中点連結定理。南中や富士見中はまだ二次関数。

英語も、長生中は、関係代名詞の目的格。他は、関係代名詞の主格。

理科は、長生中は惑星。他はイオンが終わった。睦沢中は、天体。南、富士見はかなり遅い。

社会は、南中、長生中は、市場経済。

数学は、長生中・睦沢中は、中点連結から相似と面積・体積。

南中・富士見中は二次関数。

国語は、長生中だけ、古典を終わって説明文。

全体的に昨年度より早く、富士見中だけ、遅い。

昨年度と比べて、長生中は早すぎる。富士見中は遅すぎる。感じ。

生徒の理解度が大切だから、どっちがいい、とも言えない。

新型コロナウィルスによる学校休校を考えると、富士見中の理解度を重視した進度、長生中は例年の進度を重視した進度。

南中と睦沢中は、担当教員に任せた進度と、いったところか。

中学により考え方がちがう。

ほとんどの中学の校長は、同級生、先輩なので、良いとも悪いとも言えないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です