中3は教科書後、英語4技能


今日は、かなり暖かい(暑い?)一日でしたね。

中3は、教科書をがむしゃらに進めています。が、長生中には抜かれています。はやっ!早めに教科書を終わらせて、入試で比重が高くなっている、リスニング・長文読解に力を入れたいわけです。

このテキストは、スラッシュ・リーディングやディクテーションなど、まさに今の入試にあった内容です。

このテキストを監修している安河内先生の『アクティブ・ラーニング』研修に数年前に出たことがあります。

研修参加証代わりに、赤い『英語4技能の缶バッジ』をいただきました。

最近は、ベストのポッケにつけてます。

安河内先生は、先年亡くなった中川塾長が船橋予備校で教えていた頃の後輩だとか。当時上智大の学生だった安河内先生とよく呑みに行ったそうです。

山本ヒサオ’先生の、『秘伝のセンター英語』。十年ほど前には、茂原に来ていただいて2日間集中授業をしていただきました。この時の生徒は、上智大に進学し、今は開成中で英語の先生をしています。彼女は、実際、センター試験で英語が、194点。

この『秘伝のセンター英語』でも、スラッシュ・リーディングと前から読みの練習が中心となっています。

来年度から、中学の英語教科書が改定になり、英語4技能のアクティブ・ラーニングが始まります。ですが、中学で、オールイングリッシュの授業がほんとに可能なのかな、と疑問ではありますが。

ある時期まではちゃんと文法をやって、語彙や文法が身についてからは、スラッシュ・リーディングの前から読みが絶対必要になると思います。

教科書が終わったら、一気に、リスニング、長文の得点アップをスタートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です