なんで、私たちは英語ができないのかねぇ


小学校の英語がリニューアルして、今年度から、教科書に沿ってやっています。去年までは、テキトーに、英語のゲームとかして時間を潰していたのに。

来年度4月からは中学の、翌年からは高校の英語がリニューアルします。

あな、おそろしや。

私たちの英語ができないのは、身に染みて知っています。

大学院生のとき、カナダの「第三外国語で日本語をとった」という同年代の学生が来て、「お前ら対応しろ」といわれて、マスター・ドクター十人ほどで対応。

彼らは、わずか2、3年しか日本語を学んでいないのに、英日辞典をもって、どんどん話しかけてきます。

しかも、かなり流暢。

対応する、英語学習歴12年以上の我々は、曖昧に微笑んで、タバコをふかして芝生に、こすりつけるのみ。

彼我の差を、まざまざと見せつけられたというか、体験したというか。

その後も、何故か、都内の駅に行くと、外人に、道や乗り換えを、聞かれることが頻繁に。

この場合は、英語というより、何せ田舎者なので、乗り換えや道順がわからない。

しかたなく、

I am stranger here.

としか、答えられない。

以前、塾に、外人講師で英語指導していたときには、かなり英語で話しましたが。(ある程度は英会話はできるにはできる)

なんで、私たち日本人は英会話ができないか?

来年度から改善されるか?

まずは、最後の問いの回答。

ムリです。

理由。

1 日本では、生活が日本語だけで完結します。例えば、テレビが英語になるとか、新聞が英語になるとかすれば、別です。英語新聞もあります。取っていた時期もあります。残念ながら、日本語新聞しか読みません。面倒だから。でも日本語新聞がなくなったら読みます。が、そうなったら、日本という国が、なくなったときでしょう。テレビもみんな英語になったら見ます。が、以下同文。なので、日本の生活に英語は必要ないから、英会話は普及しないのです。

これは、今に始まったことでなく、明治政府ははじめ「お雇い外国人」というのを入れます。が、しばらくして、帝国大学でも、日本人の日本語の講義で、大学が成り立つように。これ以降は、すべての学校で日本語ですべての教科が教えられ、それで成り立つように。

夏目漱石でさえ、イギリス留学で精神毛弱になるくらい。日本人には日本語が、一番。

というわけで、日本の教育には、英語は外国語のままだったわけです。

第二に、例えば、カナダは、イギリス系移民と、フランス系移民がいて、外国語は、必須だった。

カナダでは、ケベック州など、未だにフランス語圏があって独立運動も盛んです。

しかし、日本は、方言はあっても外国語は必要なかった。

というと、戦前の台湾や朝鮮、満州の人からは、反発されるかもしれませんが。

このため、一般の日本人には、日本語以外を、習う必然性がなかった。

戦後GHQに対応するため、英会話を必要とする人もいたんでしょうが、一般的でなかった。

こういった理由で、私たちは英会話ができないのです。

それは、ある意味、幸せです。

日本人は、日本語で要足りたから。

英会話を急いでいるのは、経済のグローバル化に対応している?

介護の現場に、日本人が足りなくなっているようです。介護に、外人がたくさん入ってきたとき、コミュニケーションをはかるため、ではないですよね。

あな、おそろしや!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です