中学生の学力テストがコロナで広がっているようです


中学生の定期テストの結果が返ってきています。

ある中学。5教科450点で、学年順位8位。が、この中学は一学年80人くらいなので、上位の10%。問題が簡単なのかと言うと平均値は249点。

高校入試と同じ標準偏差90で計算すると偏差値73。

多分県偏差値だと64くらいだろうと思う。だとすると、標準偏差がかなり大きい。つまり、上下の差がすごく大きいことを示している。

昨年度まで、地元の中学でこんなに標準偏差が大きかったことはないので、新型コロナウィルスによる3ヶ月間の学校休業で、学力差がかなり広がっていると思われる。

他の中学、他の学年も詳しくしらへみないといけないが、多分、間違いないのだろう。

真ん中以下の学力の生徒が、総崩れになっているのではないだろうか?

今日の小五の算数は「割合」、英語は「What would you like?」。なんと小五でwouldが出てきちゃうのね。

中1は、国語は「少年の日の思い出3」、理科は「地震」、社会は、アフリカと北アメリカの復習。

冬休みあけの実力テストに向けて、しっかり足元を固めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です