中3は、今週6日(日)が千葉県統一テストです


今日は、この冬一番の寒さ。

夕方、小3、小4生の学習日。

高校生も早くから来て、テスト対策の「青プリ」に取り組んでいました。評定アップは、進学に重要。

中3は、国語は文法の最後。高校の古典では、文語文法と古語単語がポイントになります。まずは、中3で口語文法を理解して欲しい。「れる・られる」は、受身・尊敬・可能・自発と4つも意味があります。が、文語文法の「べし」になると、「すいかとめてよ」と覚えるくらいたくさん。推量・意志・可能・仮定・当然・命令・予定と、なんと7通りも! 口語文法が理解できてないと、文系に進んだら大変です。理系、数学・理科があるので、そっちはそっちで。

理科は、中3内容が終わったので、総復習。高校入試はもちろん、私立高校単願なら入試より、高校入学後。ほとんどの場合、高1で生物基礎・化学基礎を必修履修。高2で地学基礎か物理基礎を選択必修。理系は、高2・高3で生物・化学・物理から2教科が選択必修。文法でも1教科選択必修の高校も多いです。

英語は、最後のマララさんの話。来年度、中学の教科書改定で特に英語は全く別物になってしまう。しかし、単語や連語が重要なので。例えば、in order toがここで出てきます。文法の総復習の意味も。あとは、長文・リスニング重点に。

小学生、中学生、高校生まで、全体の流れをみて指導できるのは、進学塾好学舎しかない! と、自負しています。ムリ・ムダ・ムラのない、効率的で最速の、であって、深みのある教科間の有機的なてながりを持った指導を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です