4月から、小6と中2は英語に注意!!


4月から、中学が新教科書になります。

まず、小6は要注意!

中1教科書は、小5・小6で今の教科書でしっかり学んだ前提で作られています。しかし、小6は、小5のときはほとんどお遊びで「英語ゲーム」しかやっていません。このため、小5内容と小5の英単語がスッポリ抜けています。例えば、would like、I’dと言う表現を小5でやったことになります。かなりの単語が読めて、書けて、意味が分かることになっています。ところが、今の小学校の英語のテストは、バカにやさしいために、子どもも親も「大したことないなぁ」と甘く見ているのではないでしょうか?

中2は、中3で新教科書になります。文法はそれほどギャップはないと思うのですが、単語が。量が倍増の上、中1、中2で習っていない単語が習った前提でたくさんでてきます。今の状況で単語力がない生徒は、いきなり墜落しそうです。

今が大切です。4月になる前に、立て直しをしっかりやって欲しいですね。

今日の小5は、算数オンリーで難敵のか割合」。

中1は、国語は文法。理科は、堆積岩、地層、化石。地理は、オセアニア。

高校生の地学や生物だと、「寒鰤おるど、知っとるで。石炭、ニ、三。サンマ美味しい」で、カンブリア紀、オルドビス紀、シルル紀、デボン紀、石炭紀、二畳紀、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀、3紀、4紀、暗記。ネットで拾ってんですが。生物も、解糖系でピルビン酸がアセチルCoAと結合して、クエン酸回路に入り、「悔いはないけど、すぐに告白。不倫のおっさん」で、クエン酸、イソクエン酸、スクシニルCoA、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸、オキザロ酢酸。と。そんなことばっかりやってんのか?と。そうなんです。覚えないとかえって面倒なことってあるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です