今日はテスト対策で営業

働き方改革(?)で一月に4日は休みを取ろうと思ってるのですが、今月第一日曜日は千葉県統一テスト、そして今日はテスト対策。

今月は、祝日が2日あるのでなんとか帳尻が合います。

月8日の休みは、不可能に近い。

中3の女子から、質問を三つされました。

そのうち二つは、解説という解説がちらない問題。

一つは、学校で配られた業者のプリントで、

問題

x2+a x+b=0で、xの解が−2と6のときaとbを求めよ。

解答解説

(x+2)(x−6)=0を展開して、x 2−4x−12=0より、a=−4、b=−12は、なんでですか?

について。

一学期以前からうちの塾にいる生徒は、この質問がでない。(はず)

中学の先生は、 xに−2と6を代入して、連立方程式をつくって解けと教えている。

この解き方は、高校数学の因数定理「f( x)で、f(α)=0ならば、(x−α)を因数としてもつ」を使っている。中3に教える時は、もっとやさしくして教えているけど。

中学向けの教材で、この方法で解説しているのは、初めて見た。

だから、これは考え方から丁寧に説明した。

質問も、「分かりません」ではなくて、どこがどう、わからないのかと聞くように、指導した。

質問力はとても大切で、これができるようになれば、ほとんど自分で解決できるよなる。

分からないことが分かる、ことが大切なんです。

同じコンテキストで、中2の2点を通る直線の問題は、必ず xの変化量とyの変化量から、変化の割合=yの変化量/xの変化量を使うように指導。

これも中学では、連立方程式で解くように指導される。

「先生、連立方程式で解いていいですか?」

という生徒にはムリには言わないが。

理由は、変化の割合は、中3でも出てきて、この時は連立方程式は使わない。

高校の微分の平均変化率の考えにつながるからだ。

数学だけでなく、物理なら速度v=Δx/Δt、化学なら反応速度v=−ΔC/Δtなど、今後応用が効く。

すべからく、今、その問題か解ければよいとのではなく、あとあと利用できる考えや方法を伝えたいのだ。

上の因数定理で言えば、因数定理の考え方がわかっていれば、数学2の三次方程式以上の高次方程式も解ける。

どちらがお得か?

俗にいう、「安物買いの銭失い」になりはしないか?

算数も、小5くらいからは実は数学の基礎になっている。さきざきを考えた指導が、大切だと思う。

塾選びもまた、同じ視点が必要では?

今週週末はテスト対策続行

すでに、茂原中と茂原早野中は中間テストが終わりましたが、復習のために、テスト対策続行中です。

20年続けた方針を変更して、今年度は以前のテスト対策授業にもどしました。

今日は、社会→数学→英語。

各中学の過去問を分析して、予想しながら。

公民は、教科書以外から、さまざまな統計資料など出題されています。

地方自治体の選挙の投票率とか、労働形態の経年変化とか。

もちろん時事問題も。

数学は、二次関数中心に。10月の重点課題として、さまざまな問題を毎回の課題としましたが、案の定、定着は今一歩。

二次関数は、図形と融合してなかなか難敵。過去問では、三角形の面積、回転体の体積、面積の二等分、同じ面積になる点など、かなり多面的に出題されています。

英語は、学校によって進度が違うので、プログラム4〜プログラム8まで。

分詞の後置修飾と関係代名詞か中心ながら、教科書独自のイデオムや単語など、復習も多面です。

明日も、テスト勉強、テスト後勉強のために営業!

さすがに暖房を

寒くなってきました。

茂原市は天然ガスがでるので、学校は12月からガスストーブ、というのが定番だったのですが、小学校はすでに電気のエアコンを入れて暖房しているとか。

塾は建てた時に、生徒がいたずらしないように、教室にはガス栓を付けませんでした。

事務室は灯油ファンヒーター、教室はエアコンでした。

今年度は、ドアは開けっ放し、換気扇はまわしっぱなしなので、どうしようかと。

今日は、さすがに寒くて、教室もエアコン入れました。

が、その状況なので暖かいような、そうでないような。

新型コロナウィルス感染予防のため仕方ない。

千葉県でこれでは、北海道で三密になるのも分かる。

北海道は、寒い。

札幌でさえ、根雪で、冬の間は二重窓が凍って開かない。新型コロナウィルスの感染爆破もむべなるかな。

地下街も発達してますが、三密で言えば、問題大あり。地下街に住む、ホームレスの方も昔から多い。

9月からの、第二波は若い感染者が多く、感染者数の割には重症者・死者が少なかったです。しかし、11月からの第三波は、40代、50代も多く、家庭内感染から、学校の集団感染の危険性が高まってきています。

ゴー・ツー・キャンペーンなど、緩みが、ヨーロッパやアメリカなどのような爆発的感染に繋がらないことを願うばかり。

ワクチンなどは、どうやら来年夏頃には。

塾は、

①マイスリッパに履き替え

②エタノールで手指消毒

③検温

④換気徹底

⑤生徒が帰ったら、オゾン消毒

⑥まめな、掃除

最大限に、感染対策するしかありません。緩んでる暇はない!

茂原中、早野中は、後期中間テストが終わり、来週は、茂原南中、睦沢中、長生中など。結果を残したいと、指導に邁進します。

常識の底がない

寒くなってきました。ドアは開けっ放し、換気扇まわしっぱなしで、三密回避ですが、暖房をどういれか、は冷房以上に考えます。

最近、授業をしていて、常識について考えさせられます。

先生の常識は、私たちの常識じゃない、とは、十年ほど前からいわれてはいましたが。

水力発電、って分かるよね?ダムから水を流して発電する。

プロジェクトXは見てなくても、日本の水力発電といえば、クロヨンダム(黒部渓谷第4ダム)ないしはそれに準じたダムをイメージしてくれ、ない。

一宮川の遊水池みたいな?

いや、あれは洪水対策の遊水池で大体高低差がない。

長柄ダムですか?

いやいや、あれは飲料水のためのダムで、規模が違う。

南中の下にあるやつ?

あれはため池。

みたいな会話で進まない。必要な写真などは、用意してあるんだが、まさかダムとは!来年度は。

火力発電は、都市に近い所でも。この近くなら、姉崎火力があるよね。

姉崎ってどこですか?

いや、木更津は分かるよね。

木更津ってどこですか。

千葉県地図見ながら、ここ。ここから、アクアラインが東京湾に出ていて、海ほたるからトンネルになって、向かいの神奈川県川崎市にでるよね?

で、その上が袖ヶ浦市。車のナンバーが袖ヶ浦だから分かるよね?

なんで茂原ナンバーないんですか?

ナンバーは、陸運局のある場所になるから、茂原市にはないのだよ。

その上が市原市で、姉崎。内房線だと、蘇我、浜野、八幡、五井、姉崎、長浦、袖ヶ浦、岩根、木更津。

その姉崎に火力発電がある。

みたいな感じで、公民の授業なのに、なかなか進まない。

去年の中3には、木更津が松戸の隣にあると思っていた生徒がいたが。

昨日の中2社会でも、近畿の湖に、

えーっと、琵琶湖か我孫子かどっちかと思います。

と。我孫子? その子はアビ湖だと思ってたらしい。

いやいや、これが、学年順位なら、上位の子がいうのだからおそろしい。

とにかく、学力以前に、常識の底がない。

うちは、貧乏な母子家庭だったから、子供の頃にあまり他に行ったことがない。

奥州平泉、静岡の登呂遺跡、群馬の岩宿遺跡、和歌山の川湯温泉、富山の黒四ダム、富士山など、みんな塾を始めてから他塾の先生と社員旅行で行った。

塾の先生は、みんな知識欲旺盛だから、沖縄ではオリオンビール工場、北海道ではニッカ工場、群馬ではこんにゃく工場など、なんでも見学。

一番困ったのは、千歳空港で降りて、レンタカーを借りると、

「じゃ、まず函館に行こう」と言われたとき。

高速道路を運転していて、

「あとどれくらい?」

と言われたので、

「これで三分の一くらいかなぁ」

というと驚かれて、急遽そこから、昭和新山、洞爺湖をめぐり札幌に戻ったこと。

どうも、内地の人は、北海道地図の縮尺を誤解している。あのまま函館に行ったら、その日のうちには戻れなかっただろう。

話がそれた。

言いたいのは、子供にいろいろ体験はさせて欲しい。が、体験しなくても常識は身につく。と、思う。

東日本大震災と、福島第一原発事故や、その後の現状も知らないようだった。汚染水の海洋投棄の問題とか。彼らが間もなく有権者になる。

後期中間テスト対策など、やることたくさん

急に寒くなり、秋というよりはや冬。

月4回の休日を確保すべく、昨日は完全オフ。

今日の小6は、算数が「小6のまとめ」。

小5から小6の算数は、算数と言うより数学。マイナスがついていれば、ほとんど中1内容。

来年度の新中1生、早く塾に来て欲しい。

そうすれば、今年の中1のように、最低400点、最高480点以上、平均453点が当たり前になる。

小6で、できないまま中1になれば、できない一生は仕方ない。

国語は、「海の命」の実力問題。

今週末は、10月末までのまとめテスト。

ひとり、学校の体育で右手骨折とか。

かわいそうに。骨折だと、全治1ヶ月以上だと思う。

中2は、後期中間テスト対策にだんだん入る。

国語は、前回の用言の活用や、長文読解。

理科は、電流と磁界、生物の復習。

電流のオームの法則、電力、ジュールの法則、ファラデーの電磁誘導の法則、レンツの法則など、意外と覚えている。

練習すれば、80点、90点は十分とれる。

社会は、近畿地方。茂原南中は、教育実習生が来るので、中国・四国地方をとばして近畿地方だとか。

今年度、新型コロナウィルスの影響で、教育実習にも影響が。今でも、対面授業をやっていない大学はかなりあるらしい。

個人的には、勉強は対策授業なしでも成り立つと思う。

むしろ、大学の階段授業でのマスプロ授業よりリモートの方がいいのでは。

とすれば、大学の特に私立大学の文系のマスプロ授業は、リモートで十分。

そもそも、私大文系は、授業だけならリモートで、十分。なんで、私大文系に行くのか? それは、入試を通ったという価値しかない。新型コロナウィルスでわかったことは、学んだ内容、学んだ質を、高めることではないか?

自分をどう高めることができたか?それが大事ですね。

明日は、中3の三者面談

今日の小五は、台形の面積。

進学塾好学舎では、公式丸暗記は推奨しない。

なんでか?を理解してもらいたい。それが公式暗記になるから。

高校生も同じ、三角関係の加法定理も、なんで、「sin cosが、cos+sin」なのか?

公式は大事だが、その理由が。

台形なら、もてになる平行四辺形の切り方で。三角形になり、台形になる。

ので、面積を半分にする公式が。

要は論理力。基礎が大事。

中一は。国語は過去問演習。数学は比例と反比例の応用題、英語はWhichとwhose。

テスト範囲は、canまで。

なんでか?学校早い。

なんで、私たちは英語ができないのかねぇ

小学校の英語がリニューアルして、今年度から、教科書に沿ってやっています。去年までは、テキトーに、英語のゲームとかして時間を潰していたのに。

来年度4月からは中学の、翌年からは高校の英語がリニューアルします。

あな、おそろしや。

私たちの英語ができないのは、身に染みて知っています。

大学院生のとき、カナダの「第三外国語で日本語をとった」という同年代の学生が来て、「お前ら対応しろ」といわれて、マスター・ドクター十人ほどで対応。

彼らは、わずか2、3年しか日本語を学んでいないのに、英日辞典をもって、どんどん話しかけてきます。

しかも、かなり流暢。

対応する、英語学習歴12年以上の我々は、曖昧に微笑んで、タバコをふかして芝生に、こすりつけるのみ。

彼我の差を、まざまざと見せつけられたというか、体験したというか。

その後も、何故か、都内の駅に行くと、外人に、道や乗り換えを、聞かれることが頻繁に。

この場合は、英語というより、何せ田舎者なので、乗り換えや道順がわからない。

しかたなく、

I am stranger here.

としか、答えられない。

以前、塾に、外人講師で英語指導していたときには、かなり英語で話しましたが。(ある程度は英会話はできるにはできる)

なんで、私たち日本人は英会話ができないか?

来年度から改善されるか?

まずは、最後の問いの回答。

ムリです。

理由。

1 日本では、生活が日本語だけで完結します。例えば、テレビが英語になるとか、新聞が英語になるとかすれば、別です。英語新聞もあります。取っていた時期もあります。残念ながら、日本語新聞しか読みません。面倒だから。でも日本語新聞がなくなったら読みます。が、そうなったら、日本という国が、なくなったときでしょう。テレビもみんな英語になったら見ます。が、以下同文。なので、日本の生活に英語は必要ないから、英会話は普及しないのです。

これは、今に始まったことでなく、明治政府ははじめ「お雇い外国人」というのを入れます。が、しばらくして、帝国大学でも、日本人の日本語の講義で、大学が成り立つように。これ以降は、すべての学校で日本語ですべての教科が教えられ、それで成り立つように。

夏目漱石でさえ、イギリス留学で精神毛弱になるくらい。日本人には日本語が、一番。

というわけで、日本の教育には、英語は外国語のままだったわけです。

第二に、例えば、カナダは、イギリス系移民と、フランス系移民がいて、外国語は、必須だった。

カナダでは、ケベック州など、未だにフランス語圏があって独立運動も盛んです。

しかし、日本は、方言はあっても外国語は必要なかった。

というと、戦前の台湾や朝鮮、満州の人からは、反発されるかもしれませんが。

このため、一般の日本人には、日本語以外を、習う必然性がなかった。

戦後GHQに対応するため、英会話を必要とする人もいたんでしょうが、一般的でなかった。

こういった理由で、私たちは英会話ができないのです。

それは、ある意味、幸せです。

日本人は、日本語で要足りたから。

英会話を急いでいるのは、経済のグローバル化に対応している?

介護の現場に、日本人が足りなくなっているようです。介護に、外人がたくさん入ってきたとき、コミュニケーションをはかるため、ではないですよね。

あな、おそろしや!

三者面談準備中!

いよいよ中学校でも進路相談がはじまっているので、進学塾好学舎でも恒例の三者面談を実施します。

入試要項などもようやく出そろったので、それらを志望校別に準備しつつ、今春のように私立・公立前期全員合格を期します。

もっとも、県立高校は前期後期制度がなくなって一回入試となりますが。

ここからしっかりスパートをかけていきます!!

中学の定期テスト、長文読解のポイントは?

定理テストで、国語ができない子がいる。

日本人が日本語のテストを受けて、なんでできないのか?

中学の過去問を見ると、学校によって、問題にある大きな違いが。

問題集にあるように、ある部分を切り取り、問題にする先生。

一方で、教科書本文をほとんど全文出して、問題にする先生。

今回の中3だと、森鴎外の「高瀬舟」と、魯迅の竹内好訳「故郷」のほぼ全文を別刷して問題にしている学校と、部分を掲載して問題にしていり学校がある。

前者は、おそらく、学校の授業中、教科書を読んでない、授業に参加してない生徒に、「ちゃんと教科書を読んで、授業を聞けよ」とメッセージを出しているのでは。

国語と英語の定理テスト対策では、教科書本文を最低三回は音読するのは鉄則。

教科書を読まずに、国語や英語のテストは得点できない。つまり、読んでない生徒は、テスト時間内には時終わらないようにつくってあるのだ。

そも、学校の授業中に寝ていたり、私語をしたりして、かつ、テスト勉強で教科書も読んでなければ当然。宿題のワークも、教科書を読まなければ解けないはず。

国語ができない、とか、英語ができない、とか、できない以前の話なんだよね。

中3は、中学の実力テストです

アメリカでは大統領選挙。トランプ大統領が善戦しています。あと4年、世界は混乱を続けるのでしょうか?

中3は、中学で実力テストです。

いよいよ入試が近づいてきました。

進学塾好学舎では、国語は後期中間テストに向けて復習を始めました。

数学は「円」、英語は「プログラム8」。

「円周角の定理」ははじめはなかなか慣れません。「円に内接する四角形の定理」「接弦定理」が高1に移動していますので、高1になっても大事な単元です。

英語は、目的格の関係代名詞。

文法的には、これが終わると中学内容は終わりです。