リモート受講希望が増えてきました


長生郡市でも、新型コロナ感染者が増えてきました。茂原市は人口が九万人ほどなのに、累積感染者が100名ほど。割合で、0.1%を超えています。そのせいか、zoomによるリモートでの受講希望が増えてきており、中1は6割ほど。

授業じたいは、昨年4月、5月にやっているのでノープロブレムなのですが、前回、課題も分かりました。

①プリント。リモートを想定せずにA 3版で作成したため、家庭用プリンタだと1.41分の1になってしまう。A 4に作り直すとレイアウトがやり直りになってしまう。うーむ。しかも、家庭にプリンタ自体がないとなると、かなり難しい。この時期、学年末テスト対策となるので、テスト範囲によりプリントを作成し直すので。かつ、移行措置がネック。中1は、累積相対度数、中2は箱ヒゲ図。

②確認テスト。リモートだと、①に関連して確認テストが出来なかった。ので、生徒の理解度が分かりにくく、進度が一方的になりがち。

③音声。パソコンでもスマホでもピンマイクを使い、十分な音量が欲しい。こちらも、長い延長コードつきのピンマイクを用意しました。スマホとパソコンは、マイクのプラグが違うので、場合によっては変換プラグが必要。声が小さいと聴き取りできず、授業に支障がでる。

④Wi-Fi。スマホがWi-Fiと接続が弱くて頻繁に落ちる。理想は、LANで光回線と繋がっているパソコン。

などなど。

あとは、生徒が独立した勉強部屋でない場合、家族、とりわけ弟妹の声が入ってしまう。

など。

こちら側で対応できるのは、①くらい。

しかし、全面リモートも考えないといけない状況かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です