春期講習6日目。後半に

昨日、今日と初夏の陽気。まるでゴールデン・ウイークみたいです。

とはいえ、新型コロナ禍は終わっていないので、緊急事態宣言が解除になっても同じスタンスで。

小5の算数は「体積・容積」から「小数の掛け算」へ。実は、小5算数が一番難しい。小5が算数・数学をものにできるかの分岐点です。うちは、生徒の出来具合を見て、演習量を加減する。生徒が理解し、できるようになっていれば演習は少なめに。逆に、生徒ができなければ、しつこく演習をし、少したってからも再び演習させます。塾なので、できないまま素通りはできない。多分、次の「小数の割り算」でかなり手こずるでしょう。小3、小4の割り算の習熟不足があらわになる。とにかく徹底的に、できるようになりまで繰り返します。ここが他塾との大きな違い。ボクはしつこいので、生徒ができないのは許せない。できるようになるまで何度でもやるのです。実際、去年の春、算数で苦労していた子は、今回の通知表はほとんどオール3で、親戚中から驚きを持って褒められたとか。

英語は、What season do you like?から。中学生もそうなんだ学校、WやHで始まる疑問文を上がり調子で発音する生徒が多く、直すのに苦労する。次は、月と日にち。単語が多くて大変。今年度は、確認テストも増やして、4技能を、バランスよく指導。

中2は、プログラム1の2。be going toからwillへ。中3でも同じ話をしたのだが未来形には、単純未来「〜になる」と意思未来「〜しよう」がある。「明日は雨でしょう」は単純未来、「明日は勉強しよう」は意志未来だ。数学は、「文字式による説明」。ここらあたりから、計算ばかりの算数から、数式による説明・証明の数学に変わる。

理科は、純物質・混合物理、単体・化合物。「覚えなくていいよ」といいなから、原子番号36までの周期表を書き、アルカリ金属は「リッチな彼からルビーせしめてフランスへ」。アルカリ土類金属は「キャッスルにバラ」、ハロゲンは「ふっくらブラウス愛の跡」、希ガスは「へいねぇちゃん、あれくれ、くせー蘭」。第4周期は「閣下スコッチ馬喰マン。鉄子にどーしても会えん!焦ってくせー蘭」と周期表を完成させる。周期表がかければ、化学式も、遷移元素いがいは書ける。が、中学生には強制はしない。巻末の周期表の利用価値と、覚え方だけ軽ーく。優秀な子は、ちゃんとと覚えて、高校で上位になり、一流大学に進学するだろう。が、全員に押し付けるところではないから。

今は中学内容ではなくなった炎色班のも、「赤橙黄緑青藍紫」「するりと軽く、縄張りほでーけ」の方が「石炭なきK村・・・」より好きだ。なぜなら、虹がかかったとき、「赤橙黄緑〜」の法則が感慨深いから。

かつ生物の分類も「界門こう目科属種」と同じリズムで覚えられるから。

中3英語は、ワークを使った文法の復習。数学は、式の値。これ、高校1年でつまづくとこ。理解は、力の働く運動。等加速度運転といえば早いんだが。30年前に、加速度が高校内容になり、いまだに。加速度くらい中学に戻して欲しい。科目間のバランスがとれていない感じだ。

せめてm a=fの運動方程式(ニュートンの運動の第2法則)があれば、100グラムの物体に働く重力が1Nと説明がつくんだが。

塾は、学校のテストの成績を上げる指導をしている。

けどその後の伸びる素材も与えている。

演習で分かるまで・できるまで徹底指導。そして、教科書外の、興味・関心も。

例えば、中3は井上ひさしの「握手」をやってるのだが。井上ひさしは、実際孤児院で育った。キリスト教かんれで上智大に進学。しかし、ルロイ修道士のようなタイプでない、「白い手」の修道士に疑問を抱き、ストリップ小屋でお笑いの台本を書き、やがてNHKの「ひょっこりひょうたん島」の脚本も。劇作家・作家として活躍したんだよ」みたいな、テストには、でない話もする。広い知識、視野が確かな学力と人間を作ると思っている。

今日は休日、だったのだが

今日は休日の予定日。例年なら、離任式。が、新型コロナで24日に離任式が移動し、午後まで学校。このため、24日の小6授業が移動に。春休みも、4月6日始業に。新型コロナの影響で学校の日程が変わり、もしかしたら、それが定着するのかも。冬休みも、25日から1月7日まで、となると、連休の関係で11日までかな?

とにかく安倍さんの突然の学校休日3ヶ月の影響で2020年はメチャクチャ。

夕方、地域の塾長らからもらった貴腐ワインを家内と呑み干す。

甘く、かつ、スッキリ。

例えば、北海道のワインだと、瓶底に酒石酸が見えるほど酸っぱい。

さて、その酒石酸。フランスのパスツールが、顕微鏡で見ながら、2グループに分けた。同じ酒石酸なのに、光を当てると、右に曲がるものと、左に曲がるものに。

光学異性体の発見である。

パスツールは、「白鳥の首」といわれるフラスコの先を曲げて、肉汁を煮た。首を折ると、肉汁が腐った。このことから、肉汁の腐るのは空気中の細菌のせいであるとらアリストテレスの自然発生説明を日でした。

また、狂犬病のワクチンを開発した。

最近の高校の生物教科書は、ミーシャのDNA発見、エイブリーの形質転換から、パーシーとフェイス、ワトソンとクリックの二重螺旋まで、分子遺伝学の歴史は詳しいが、パスツールはとばしがち。

同じく、ガリレイは、「慣性の法則」で。いやガリレイの名はない。ニュートンの運動の第一法則なのに。ちなみな、第二法則は、重要な運動方程式ma=F、第三法則は、「作用・反作用の法則」

ガリレイは、「振り子の等時性」、ピザの斜塔からの実験による「重力加速度」、「地動説」など。

彼らの業績が充分には伝わってない。

ちなみに、イタリアのガリレイから亡くなった年に、ニュートンが生まれている。

春期講習5日目

で。本当は明日は休みの予定だったのだが、24日に学校は、まさかの5時間日課になったため、小6を移動。休みがなくなった。

今日の小6は、算数は「円」。英語は、プログラム1、2の確認テストからの、プログラム3。

昨年度は、コロナ休校が3ヶ月続いたため、確認テストが出来なかったが、今年度はきっちりやる。

中1は、英語はフォニックスの「マジックe」。小6以前から塾に来てくれていればなんなくできるはずだが、中1で初めて塾だと、英語の基礎から全然できていない。4月から、中学の先生も困るだろう。あのレベルの高い教科書をどう教えるのだろうか?それでも今ならまだ間に合う。4月になって英語が全然ダメな場合、もう間に合わないかも知れない。

数学は、正負の加減混合。()をとる計算。

理科は、花のつくり。被子植物と裸子植物まで。中学でできない生徒は、この中1の生物からできない。そのまま中3まで。なんで最初からきっちりやらないのか?なぞだ。

中3は、英語。アクティブラーニングによれ「現在完了進行形!」何と、新課程では、中2でここまでやる。授業時間も週4から5へ。新年度はテスト範囲も広くなり、大変だ。「現在完了進行形」は、今までは高校内容。

数学は、「因数分解」。暗算練習が終わった。春期で第一章が終わり、4月から「平方根」に入れる。

社会は歴史、「大正時代」。一番密度が濃い。世界史では、第一次世界大戦からベルサイユ条約。日本史では、第一次護憲運動、原敬の政党内閣、第二次護憲運動、加藤高明内閣の「普通選挙法」と「治安維持法」あたりまで。文化史でも、芥川龍之介、新渡戸稲造なんかがでてくる。今の中学生は芥川龍之介の「羅生門」「蜘蛛の糸」は読んでないし、まして新渡戸稲造の「武士道」なんて。

大人なら「葉隠」の「武士道とは、死ぬことと見つけたり」くらいは知ってるのだろうが。

春期講習4日目!

午後一は、小5から。

算数は、容積。英語は、プログラム3。

昨年から、英語は、教科書準拠にしたので、学校で習う前に、英文や単語をしっかり演習して、学校の授業では自信を持って臨めるように。

中2は、英語・数学・社会。

英語は、ようやく新教科書に。

未来形「be going to」。4月から、学校の英語授業は、週4時間から5時間へ。

進度が速くなるので、どんどん予習を進めます。

数学は、「式の値」まで。春休み中には文字式を終わらせて、4月からは「連立方程式」に。

社会は、歴史。「江戸幕府の成立と鎖国」まで。中2は、真ん中で、日本地理を連続するので、歴史を忘れちゃう。夏休みに、歴史復習する。去年は、コロナで夏休みの時間が十分ではなかったので、反省。

中3は、英語、数学、国語。

英語、アクティブラーニングによる「現在完了」。今日は、「完了・結果用法」。

have been toの経験用法

have gone toの結果用法

使う訳に戸惑った保護者の方も多いんでしょう。

数学は、因数分解。徹底して口頭練習。

国語はワークで、井上ひさしの「挨拶」。

作者は、自身孤児院出。両親が離婚し、孤児院へ預けられた。それが下敷きになった「釜石物語」、上智大での経験をもとにした「モッキンポット師」シリーズ。「挨拶」は、その中間。

いい話。が、子供を読書好きにさせたいなら「新釈遠野物語」や「サソリたち」などいっぱいある。

と、ここまで書いてAmazonをみると、マジか?みんな六千円とか値段がついてる。うーん。うちの本棚、卒業にやらないで、Amazonで売るかな?

新年度スタートに向けて、頑張ってます!

地震が心配ですが、明日から春期講習!

昨日の地震は、東日本大地震を思い起こされる揺れでした。

今日は小6。中1の後期期末テストと同じ問題が多数。

円周率がπかどうかだけ。

英語は、What time?

中2は、国語は「アイスプラネット」。国語は教科書準拠で指導しています。

理科は、「原子と分子」

元素記号と化学式。

巻末の周期律表を使うとある程度、化学式が予想できるよと。

一族は「リッチなカァちゃんルビーせしめてフランスへ」

2族は「キャッスルにバラ」

17族は「ふっくらブラウス愛のあてと」

18族は「へい、ネーちゃん、あれくれ、くせー蘭」

1族は+1、2族は+2、17族は−1と分かると周期律表を見れば大体化学式が予想できる。

一族の水素ら2族のベリリウムとマグネシウムは何でゴロにないのか、は高1の内容内容なのでスルー。

3時間の英語は、習ってないのに習ったことになる、There isの文。

春期講習中に、同じ、過去進行形などを指導。

本当は、新中2、新中3は、ブリッジという文科省が作った移行措置教材をやるはずなんだが?

久々の連休でした

久しぶりに連休でした。

昨日は、家内の実家とボクの実家?の墓参。

今日は、荒れた天候の中、千葉県知事選挙の投票に。会場の小学校はサクラが三分咲きでした。

教務の仕事もあるので、完全オフとはならないですが。

そうそう、中1の歴史。まだ初めの方ですが、世界史が詳しくなっている。

生徒にわかるかなぁ、と思い補充内容を検討。

以前は、ローマ帝国、イスラム帝国の勃興、十字軍。

新しい教科書では、ローマ帝国の分裂→西ローマ帝国・ビザンチン帝国(東ローマ帝国)→イスラム帝国→オスマン帝国と。

問題はまず、西ローマ帝国。ゲルマン人の侵入によってほろんだあと、ゲルマン諸民族の国家がいくつもでき、のちにフランク王国が優勢となる。その後、フランス、イタリア、スペインなどの国家のなっていく。…という記述がないのだけど、どこまで話したらいいのか?

一方、イスラム社会は、高校の世界史だとめちゃくちゃ細かい。世界史でも一番勉強しにくいところ。ので、ここはさらっとイスラム帝国+十字軍で流すしかないのかな?

オスマン帝国は、ボクらの頃はオスマン・トルコと習ったけど、第一次世界大戦まで続く同盟国のトルコ。とはいえ、オスマン帝国末期は革命がおこったりこれまた細部をつめると中学生にはムリそう。

英語もだけど、歴史は世界史が復活してきたため、全体の流れが理解できる程度に説明する難しさを感じる。

関東圏の来年度高校入試は?

関東地方の公立高校入試は、全体的に低倍率だった。原因は?

①私立高校の授業料無料化(所得による)

②新型コロナウィルス

③千葉県の公立高校入試一本化

の三要素がある。

今日、たまたまある私立高校の先生がいらしたので意見交換できた。

状況としては、単願・専願の増加。そして併願だったのに、公立高校を受けない受験生の増加。

来年度は、多分、揺り戻しがきて、公立高校の倍率が上がるのでは?

今日の小5は、算数は体積。国語は詩と漢字。

中1は、英語はフォニックスの徹底。フォニックスさえしっかりできたら、ほとんどの単語は読める。

数学は、正負の数の加法。

社会は、日本史に。縄文時代・弥生時代・古墳時代まで。小学生で習った範囲だが、完璧とはいかない。

まず、倭国大乱→漢書地理史

漢の倭の奴の国王→後漢書

邪馬台国→魏志倭人伝

古墳時代の倭の五王→宋書

中国の歴史とからむ。かつ、朝鮮半島の、高句麗・新羅・百済・伽耶。

今の教科書では、「伽耶かや」なんだが、少し前は「伽羅から」、われわれの頃は「任那みまな」。日本府があった。

日本(倭)の朝鮮半島への足場と言われている。

が、逆に、朝鮮半島の諸国からの日本への足場だったのかも。

手塚治虫の火の鳥でも、日本は、朝鮮半島からやってきたニニギ(神武天皇)が武力で日本を征服していく姿が。

これが史実に近いのでは?

現日本人の姿は、朝鮮半島の人に近い。

一方、元日本人は、沖縄人とアイヌ人に近いらしい。

朝鮮半島系は肌色が白く、顔が平たい。元日本人系は髭が濃く、背が低く、顔の彫りが深い。

歴史は単なる暗記物ではなく、自己のアイデンティティにもつながる学問だと思うのだが。

新教科書対応の授業準備におおわらわ

今日は三男の高校の新入生説明会。

説明会には保護者一人だから当然家内が。

隙をついて、ヨロズヤ書店に教科書や副教材を買いに行った。

ヨロズヤ書店は、高校の時しばらくアルバイトをしていたので顔見知り。昨日ファックスで、時間と書籍一覧を送っておいたのですぐ。

教科書と副教材で二万円。

中学の教科書も山積みに。しかし、中学の教科書は、学校で配布が終わらないと買えないので仕方ない。

中3は、国語はワークで「握手」まで。

作者の井上ひさしさん。北大院生の頃に、北17条の古本屋であらかた買って読んだ。中学生も、今は何も感じなくても、将来道に迷ったとき、思い出して、読み返すこともあるだろう。もし、もうちょっと読みたいなら、ぜひ短編集「ブンとフン」あたりを試して欲しい。「ひょっこりひょうたん島」の脚本家ですよ。長編「吉里吉里人」までいくと最高!

理科は、確認テストで「力の合成・分解」。長生中は、もう中3内容やってるんだって。卒業式練習がなくなって、逆に勉強面は正常化した感じだ。

一昨日までだと、2月の期末テストが終わると、卒業式練習。あとはダラダラと。

社会は、「第一次世界大戦」。

早野中は、関東地方あたり。地理は中2で終わらせないといけないのだが。北海道までいけない感じ。春休みに補習するのかなぁ?

他の中学は、日清・日露戦争。昨年、3ヶ月学校が休みになった影響もようやく収束。

英語も、南中・長生中は「現在完了」を。南中は「ブリッジ」を使いながら。早野中は「受け身」。早野中は、来年度は教科書内容が終わらない可能性が。

塾でも、英語はかなり苦戦模様。多分春・夏・冬の講習をフルに当てないと間に合わない。

成果が出せるような、日々準備中です。

猛烈な風雨から

今日は荒れ模様。朝は猛烈な風雨。昼に雨は上がったが、2時頃から猛烈な風雨に加えてカミナリ。

夕方からやっと晴れてきましたが、夜はまた小雨。

目まぐるしい天気でした。

土曜日は、中3。

国語は中2の文法の復習をワークで。

数学は展開公式。暗算でどんどん。学校の定期試験で数学が悪かった生徒が意外な才能を。

(3x+2)(x−7)型。ボクより早いスピードで、3X 2−19x−14がでてくる。この生徒、地頭はかなりいいのかも。これが素早くできるということは、因数分解のたすき掛けも暗算できる可能性が高い。

英語は、アクティブを使い4技能を。

中2の教科書ガイドを読み終わったのだが、単語のレベルが高い。

のだが、職場体験や修学旅行が題材になっていて、コロナ禍の生徒には。行事のできない生徒の心の傷に塩を塗り込むような内容だなぁ、と。

ワクチンの普及を考えると、来年度いっぱいは行事はムリだろう。教科書は去年の今頃に編集していたのだろうから、内容の配慮もあってよかったかも。

今日は、来客・電話の多い一日〜今日はここから倫理です

今日は、三男の中学卒業式。前任も今も校長は同級生なのだが、現校長とは結局コロナでまったく会えず。

で、NHKの「倫理です」が実は三男の教室がロケ現場だと始めて知った。

「青のスクールポリス」のロケは、西陵中学だとは知ってたが。西遼中の最後の校長で、今年退任する冨士見中の校長は先輩。コロナの一年は、意外とテレビと地元に関係があったようだ。

卒業式は、保護者一名なので、ボクは自宅待機。保護者・PTAもやることなかったらしい。

高校説明会も入学式も、保護者一名限定なので、またまた自宅待機。

午後、まずアポなしで教材屋さん。

途中に電話がなり、亡母の年金の話。もう一年半。コロナ禍では、しかたないのだろう。

それから近しい塾長。去年の今頃、ヒヤシンスの水栽培を持ってきていただき、やっと容器が返せた。

なにせコロナ禍。外食・会食・外出は一切しないのでなかなか会えない。

お茶は出しても、こちらはなし。マスクを同時にはずさないように。

うつしても、うつされても困る。

この一年、近しい塾長と同じ対応。

「呑めるようになったら呑もう」

「どうも、ワクチン80%以上かもよって。だったらあと一年はムリだよね」

ワクチンも、ファイザー・モデルナなどのアメリカのm-RNA型はともかく、イギリスのアストラゼネカのベクター型は大丈夫なのかなぁ。ベクター型は人間のDNAを組み込むので、長期にわたる安全性が心配。中国の弱毒化ワクチンは本当なら従来のワクチンタイプで一番。

まぁ、われわれにワクチン接種が回ってくるのは、秋くらいだから、心配してま仕方ないが、ページ型はできればやりたくない。

さて、今日の小6は、点対象図形。国語は小5の文法と詩。

中2は、国語は文法、数学は多項式の加減。高校入試で一番でるところ。

英語は、教科書の最後の不規則動詞の過去形。

He cut a wood. を疑問文に。

Did he cut a wood?

よくできました。でも何で過去形?

うーむ。

現在形なら、三単現のsがつき

He cuts a wood.

でしょ?三単現のsがないから過去形なcutなのよ。

みたいな。

過去にネイティブの先生をお願いしたとき駅までの送迎を車でする。

アメリカやカナダの人は、小さな誤りがあっても大丈夫。

イギリスのネイティブは、やんわり、正しい言い方を伝えてきて教えてくれる。(直させる)

会話して楽しいのは、アメリカ・カナダ系。勉強になるのはイギリス系。

あんど、イギリス系は背の高さが高い人とそうでもない人がいる。ヨーロッパは、身分社会なんだと改めて知る。