世界史が増えます!

旧版のハードカバーのはあったんですが、引っ越しのときに廃棄に。

中学の新課程で世界史内容が増えるかので勉強のために。

実はボクは、大学入試でも「世界史」取ろうと思ってました。

しかし、東北大法学部に行った同級生から、

「お前、高2までにサブノート作り終わった?」

「いや、まだ」

「じゃ、入試に間に合わないから他の科目にした方がいい」

と言われて、「政治経済」「倫理社会」(当時)に。

理系に進学しましたが、本当は文系。だから、社会は高校時代はみんな5。

世界史が入ったとはいえ、中学はまだまだ軽い。

中東のイスラム世界が一番覚えらるない。未だに、苦戦。

数年前、日本史・世界史の担当がガンで入院したとき、代打で担当。

毎日、寝床で教科書、資料集などを熟読。

塾では忙しいので、もっぱら家で。

今日の小5は、「小数の割り算」。国語は、小説。

中1は、国語は「ダイコンは根か?」。理科は「種子植物の分類」。英語は「Get ready2」まで。教科書とワークを使って、理解を徹底する。

今日は中・高の入学式

今日は、よい天気で、中・高校の入学式でした。

三男も高校入学式でしたが、保護者一人限定なので、ボクは送迎のみ。

で、なんでソテツなんだって?中1が、裸子植物でソテツが出てくるんですが、知らない生徒が多い。

ボクが中1のときも、O先生が、

「カタバミ、知らない?ある場所知ってる人」

「はい!」

「よし、金坂、採って来い」

と、校舎の近くに咲いているのを採ってきました。

もっとも、植物はあんまり詳しくはない。公立高校で教員をしたとき、近くの日吉神社(往復ジャスト50分)に生徒を連れて。木に名札がかけてあるので、植生の勉強には向いている。カシ、ナラなどたくさん木がありました。地学の先生は、登り路で地層が観察でき、やはり利用していたそう。

今日は、小学生は自立学習の生徒。

中3は、英語はIt〜for〜to〜構文。これからよくでてきます。

数学は、確認テストで展開・因数分解をやったらメロメロ。いつものこと。テキストをやってるときは、できる。全体像がわかってない。つねに、復習の確認テストをしないと学力が定着しないのです。

社会は、第二次世界大戦。

同じく確認テストを第一次世界大戦までにしたらできない。

だから、毎回、確認テストで復習、復習。

一学期が始まりました

学校は今日から新年度。

塾の小6算数は、分数の掛け算。小5の小数より断然ラクです。ただし、約分ができることが前提ですが。

英語は、Where do you want to go? 小5・小6の英語は読む・聞く・話す・書くの4技能が求められます。

小6で英語をしっかりやってないと、中1で地獄を見ます。

中2、英語は「接続詞whenとif」

gymとかjams rope など、新出単語になってない。実は今の小学教科書で習ったことになっている。

数学は、第2章の連立方程式に。中1の一次方程式が解けない生徒(途中入塾)を発見。中1の初めから塾に来ていれば、こういうことはないのだが。でも大丈夫。連立方程式ができるようになれば、中1の一次方程式も自動的にできるようになる。大切なのは、できないまま放置しないこと。早めに手当てすることです。

社会は、元禄文化。先立って、確認テストで復習。とにかく復習+新しい内容を繰り返して、知識を身につける。授業では、教科書にない内容も話しまくるが、それは記憶のアンカーであり、高校の勉強へのさりげない配慮。厚い知識が、記憶を確かにする。

今日から4月通常授業スタート

3月1日から2021年度が始まりました。

昨日までの春期講習をへて、今日から4月通常授業。29日から1週間連休になるので、6月上旬の前期中間テストに備えます。

小5は、いよいよ「小数の割り算」。

昨年度小5は、コロナで学校休校。

なかなか完成できず、二学期、三学期と繰り返し演習。初めは時間もかかりミスも多かったですが、三学期にはスラスラに。学校の通知表も全体に上がって、親戚中から驚きを持って祝福されたとか。

ボクはしつこいから、生徒ができないのは我慢がならない。必ず、生徒みんなができるようにしたい。

教えるとは希望を語ること。教わるとは誠実を胸に刻みこむことである。 ルイ・アラゴン

教育実習に行った高校の校訓で、我が塾もこれを塾訓として心掛けてきた。

「塾だけで、学校はいらないね」

と生徒の感想。

学校を復習の大切な場にして欲しい。

中1は、新教科書の「Classroom English」と「Get ready1」

できない。

小学生で英語授業が始まってからだいぶたつが、全体習熟させていない。小学生から時にきてくれれば、この状況に対応できるのだが。

数学は、「累乗」

歴史は、「聖徳太子〜奈良時代」の復習。

全然ダメ。授業で理解しても、漢字の読みなど復習しないと。進学塾好学舎では、理解しないまま、覚えないままいることを許さない。

春期講習11日目 千葉県統一テストを実施中!

4月4日。今日で11日間の春期講習日程がすべて終了となります。

学校は明日まで春休みだそうですが、塾は明日から4月授業スタートです。

今回、小学生の模試はIテストに変更しました。

理由は、小5・小6の英語があるからです。昨年度から小5から英語の授業が本格化しましたが、千葉県標準学力テストも、ふだんの学校のテストも簡単すぎる内容のようです。きちんと学力判定して、どの程度の力がついているのかを細かくチェックしていこうと思います。

中学生は、例年通りの千葉県統一テストを実施しています。

千葉県の公立高校入試に準拠して問題構成なので、入試への準備として最適です。

春期講習7日メール

今日も、初夏の陽気。

小五の算数は「小数の掛け算」。英語はがWhen is your birthday?

これは大変。12ヶ月と、31日までだから。

日本でも、昔は、睦月、如月、弥生、・皐月・・・神無月・師走、など、月に名前があった。だから、覚えてようね!と。

中2の英語は、プログラム2の2。助動詞will。「単純未来形」と「意志未来形」がある話し。文科省の指導に従えば、新年度から、オールイングリッシュに。できるの?

数学は、「文字式の説明」

国語は、古文の学校「枕草子」。昨年度から始まった小学校の新課程では、小5で暗記している内容だが、当然中2は初めて。

中3、英語はプログラム1。tell+人+toこと。ask+人+toこと、want+人+こと。

数学は式の証明。

社会は、「第二次世界大戦」。

うーむ、疲れるわぁ。