授業に全力投球するのは、ほんと体力使います


授業なんて、知ってることを喋ってるだけだからラクなもんだろう、と、思われるでしょう。

小6算数はドリル。英語は、小5の基本文と英単語がどれくらい身についているのか、総ざらい。小5から塾に来ていてくれれば、小5でこれを徹底するので大丈夫なんだが。小6からだと、たいてい小5内容は不十分。

中2は、英語。南中はプログラム2までなんだが、宿題のワークをやってない生徒がいる。新教科書は、単語・連語は難しく、数が多い。文法も半年前倒し。よくよく覚悟してくれないと。

数学は、つまづいてもなんとかなるが、英語はつまずくと挽回が難しい。

理科は、比較的よくできる。新教科書もあまり変化がない。

地理は、ワークが新教科書版なのに、教科書が旧版。今日は、エネルギー自給率や人口ピラミッドなど。

生徒の顔を見て、理解度を細かくチェックしながらやる。手の動きから、写すスピードを確認しながら。

ただ、喋ってるのではなく、生徒の理解度や鉛筆の動きを常にチェックしながら授業するから、気力を使う。人数が多いと、それだけ気力を使うから、消耗は激しい。

適当に、好きな話を喋ってる先生には、分からないだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です