「数学」の文章対策は、「算数」なとは違う


火曜日は、小6、中2。

小6は、算数は「比の利用」から「拡大図・縮小図」

小5の「合同」に続き「相似」。中学数学の基礎です。

英語は、レッスン9までのまとめ。ようやく、発音もしっかりしてきました。

中2の英語は、「不定詞の副詞的用法・形容詞的用法」これが同時に出てくるから、中学生は大変。

副詞や形容詞の意味や使い方も含めて説明。

数学は、速い学校では「一次関数」に入っている。

授業的には今日で「連立方程式の利用」はおわりだが、夏期講習で課題にする。

というのは、中学数学の「文章題は数学的思考力」を育てるポイントだからです。

例えば、「連立方程式と度数分布表の融合」とか、①条件を整理する、②連立方程式以外の分野の考え方を思い出し、整理する、③図示・表を使い「見える化する」。④立式、⑤計算。

①から④に約1分、⑤に3分。

誤差を合わせて五分で解けるトレーニングが必要だと思う。

それが「数学的思考力」や「問題解決能力」を伸ばす。

地理は、「中国四国地方」の復習。問題演習の徹底。

生半可な知識は、武器にならない。中国四国地方の九の県と県庁所在地の確認から。

小5で、覚えることが課題にのはずなのに。

思わず「学校は何やってるんだ?」と。

だから、塾は学校の先生に嫌われるのかなぁ。

だけど、小2の「かけ算九九」とか、絶対に身につけないと一生後悔する、「基本の基本」というものがある。

民間教育機関は、来てくれないと対応できない。公教育に期待するしかない。

千葉県の熊谷知事は、千葉市長のときに、民間教育機関の費用を公費で負担する「教育バウチャー制度」を実現した方なので、教育を底支えする制度を実現してくれると、実は、密かに期待している。

家庭の負担が少なくなれば、学力を確実につけられるうちのような塾が元気になれると。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です