骨にはこれ!!


家内は、牛乳や小魚があまり好きではない。ので、以前から心配はしていたのだが、骨粗鬆症の検診を受けたところ、「要再検」だったと。

それで、カルシウムの錠剤などを買ったのだが、
「カルシウムはビタミンDをいっしょにとらないと…」
ということで、シイタケを買った。
さらに、
「シイタケは1時間でもいいので天日にさらさないと」

シイタケに含まれている「ビタミンD前駆体」は、環化付加反応で「ビタミンD」になる。
のだが、「熱環化」と「光環化」では生成物の立体形が反対になるので、日光にあてることが大切(と、有機化学のDiels-Aider反応のところで習った)。

特に売っている「干しシイタケ」はたいがい加熱して干しているので、そのままでは「ビタミンD」が摂れない。日光にさらすことで、一度環が開け、再度環ができるときに「ビタミンD」になる。

亡くなった母も、骨粗鬆症で長い間、千葉労災病院に通って薬を飲んでいたが、効き目があったのか、なかったのか?
部屋でころんで大腿骨を骨折してから、亡くなるまで5年ほどはずっと入院生活になってしまってかわいそうだった。
火葬にしたあと、おどろくほど大きなボルトが出てきて驚いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です