2021年 上期の時事問題


2021年 上半期の時事問題

【1月】
7日 新型コロナウィルス感染拡大のため2度目の緊急事態宣言

昨年秋から菅政権が行ったGo Toキャンペーンの結果、全国的に新型コロナウィルスの感染が拡大し、東京・千葉・神奈川・埼玉に2度目の緊急事態宣言が発出された。

17日 阪神淡路大震災から26年

1995年早朝、兵庫県の淡路島北部沖を震源としてマグニチュード7.3の大地震が発生した。犠牲者数は6434人に達した。

20日 アメリカでバイデン新大統領が就任

オバマ政権で副大統領を務めたジョー・バイデンが、現職のトランプを破り、新大統領に就任した。新副大統領は、女性でマイノリティーのカマラ・ハリス。

【2月】
1日 ミャンマーでクーデターが発生

ミャンマーでクーデターが発生し、政権の実質的指導者であるアウンサンスーチーが拘束され、ミン・アウン・フラインが政権を奪取した。
クーデターに反対する多数の国民が犠牲になるなど被害が増大している。

外務省: ミャンマー~民主・経済改革で未来を拓く (mofa.go.jp)による

17日 医療従事者に新型コロナウィルス・ワクチンの優先接種がはじまる

アメリカのファイザー社が開発したm-RNA型ワクチンが輸入され、医療従事者への優先接種がはじまった。
その後、順次ワクチン接種が拡大し、8月現在で2回目のワクチン接種を終了したのは国内の対象者のおよそ5割になっている。

【3月】
11日 東日本大震災から10年

2011年3月1日に宮城県沖でマグニチュード9.0の東日本大震災が発生した。
津波による被害が大きく死者・行方不明者2万2000人に上る。1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災の10万5000人につぐ大被害となった。
とりわけ、津波により東京電力の福島第一原子力発電所がメルトダウンを起こして爆発したため放射線被害も深刻となった。

23日 スエズ運河で事故

地中海と紅海を結びスエズ運河で、日本のタンカーが座礁事故を起こし、通行不能となった。29日に再開した。

https://d.hatena.ne.jp/keyword/%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%BA%E9%81%8B%E6%B2%B3による

【4月】
25日 3度目の緊急事態宣言・まん延防止等措置

【5月】

【6月】
11日 イギリスのコーンウオールで、G7首脳会議(サミット)が開かれた

サミットは1973年の石油危機に対処するためん、先進7か国がフランスのランブイエに集まったのが第1回目。
参加国は、イギリス、日本、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、EU。

16日 米ロ会談

アメリカのバイデン大統領とロシアのプーチン大統領がスイスのジュネーブで初めての対面での首脳会談を行った。

【7月】
12日 4度目の緊急事態宣言

当初中国から流行のはじまったアルファ株に変わって、イギリス由来のベータ株やインド由来のデルタ株に置き換わりが進んだ。
このため、4度目の緊急事態宣言が出されたが、8月現在第5派はまだピークが見えない感染爆発状況で、医療崩壊が進んでいる。

23日 東京オリンピック開幕

新型コロナウィルスのパンデミックを受けて、当時に安倍首相が1年間の延期を決めた東京オリンピックが開幕した。
前回、2016年はブラジルのリオ・デ・ジャネイロ、次回2024年はフランスのパリ。
また、冬季オリンピックは2022年に中国のペキンで開かれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です