定期テストが近くなりました

中学は、11日に早野中、17日やな南中、19日に睦沢中の中間テスト。高校と比べて中学のテストは日程がまちまち。なぞです。

早野中の試験範囲は、国語が平家物語までと、早い。急がないと。

来週から、テスト対策です。

中3は、今日で、三者面談は終わり。

来月3日は、千葉県統一テスト。

中3の授業は、理科は「天体の日周運動」、国語は「万葉集」。

柿本人麻呂の

東の野に炎の立つ見えて返りみすれば月傾きぬ

ひんがしの のにかぎろいの たつみえて かえりみすれば つきかたぶきぬ

化成文化の与謝蕪村の「菜の花や 月は東に 日は西に」を紹介しつつ。

理科は日周運動、英語は受け身。

私立高校第一志望の方から、

冬からは、理科・社会は勉強しなくていいですか?

入試には、そうですが、高校は普通科なんで必要ですが、大丈夫ですか

普通科なら、必要ですよね、

あと三週間で、後期期末テストです

秋になりました。

コスモスも盛りです。

先週土曜日は漢検。

来月、11日は南中、17日は睦沢中の後期中間テスト。

中学はテストが早い。

中1は、英語が「道案内」の演習。一番早い長南中は、次のthere isに入っています。数学は、関数。今日は、テストに出やすいパターンの演習。関数は、図形と絡めていろいろでるので、広く幅をとって演習します。歴史は、平安時代〜鎌倉時代まで。暗記が苦手が生徒が多いので、手を変え品を変え、何度も演習。

ボクは歴史か好きだったので、小学校、中学校、高校と、同じ話しは逆に苦痛でした。初めから全部教えて欲しいと。でも、できない子は覚えられないのね。

インフルエンザの予防接種をしてきました

高校は、定期テストの時期。

入試の時期は、インフルエンザが流行りやすいので、今日、ワクチンを接種してきました。三千円でした。昨冬はウィルス干渉で、例年の千分の一の感染状況でしたが、今はインドでインフルエンザが流行っているそうです。一方で、夏場、南半球は冬でしたがまったく流行らなかったそうです。

中3には、完成した、「数学的思考力&二次関数の演習」の課題を配布しました。今日の数学は「相似」。相似を使って長さを求める問題。公民は「経済」の消費者のあたり。理科は「惑星」。

数学的思考力&二次関数の課題が完全

中3の課題「数学的思考力[5]&二次関数」の課題が完成。解答と解説に時間かかかる。やった(^_−)−☆

考え方を生徒にどう合わせたレベルで伝えるかが難しい
テクニックもわかりやすく伝える工夫が大切だ

そして、12月と1学校の実力テスト対策も7割くらい終了。とにかく、どの学年でも、まずは学校のテスト、そして入試に繋げてやるべきことはすべてやる。

今日の中2は、理科から。「オームの法則」。確認テストで一歩一歩、足場を固めながら進める。国語は、「モアイ」がほぼ終わり。間もなく、「平家物語」「徒然草」「漢詩の風景」がまっている。英語は、いよいよ「受動態」に入って、過去分詞が出現。今年から、現在完了と現在完了進行形までやる。

とにかく、口頭練習と、演習を繰り返す。なんども口に出して、覚えるのではなく、自然に身につくようにしたい。一方で、tasteが名詞と動詞ででてくる。中3では、shipが動詞「船で運ぶ」ででてきたり。やはり、品詞の知識とか、文法は欠かせない。外国語なんだから。

夕方停電が

中3には、入試や模試の数学5、数学的思考力と二次関数の課題冊子を作成中で、今日渡したかったのですが、解答を作成中の夕方に停電があり、パソコンがダウン。

土曜日になってしまいました。授業は、当然この時期は「相似」。後期期末テストまでには「円」「三平方の定理」まで予定通り終わらして、あとは入試対策に入ります。

1時間目は、理解。「太陽系」。イオンの確認テストは、ちょっと不安なでき。中間テスト前に時間をとって復習します。

2時間目は国語。批評や熟語。

3時間目は英語。関係代名詞which。主格は、次回のthatで完了。しかし単語が難しい。昨日の中2ですもrecommend 「勧める」、happen「起こる」。今日の中3だとregard「とみなす」など、ボクらが高二か高三で習った単語がオンパレード。ほんと、子ども達、大変だと思うわ。

これがこなせりゃ、楽なんだが。

11月実力テスト対策スタート!高校生は定期テスト対策スタート!

10月の学校の実力テストが終わったので、はや11月の実力テスト対策がスタート!中3は、なかなか頑張っている。前回より、偏差値換算で3から7アップ。勉強は、ちゃんと公式通りにやれば偏差値65くらいまでは上がるはず。それ以上は、残念ながら才能が影響する。

ちなみに、実力テスト対策の表紙に使っている絵は

は、これ。20年ほど前になるが、ちゃんと使用許可をとり、メールでいただいた画像だ。

中1も、今週実力テスト。が、生徒から報告がなかった。対策するには、事前に日程や範囲の報告がいる。早めに伝えてね、と。

中3は、英語が関係代名詞のwhich。関係代名詞になると、俄然、英語って感じになる。数学は、相似。今日は相似の証明。公民は、経済に。

高校生も定期テストが近づき、定期テスト対策の、「青プリ」(青葉予備校のテスト対策プリント)の出番。

明日も高校生は、テスト勉強に来ると。年中無休で勉強できるのが、青葉予備校のメリット。

実力テストでも力の伸びを実感

中3生が9月の実力テストの成績表をもってきたのだが、ある生徒は数学が「85点」!
これはすごい。
問題が易しかったのかというと、平均点は45点ほどで毎回だいたいそんなものだ。

あれっと思って、前期期末テストのを見てみると92点(平均点55点)だった。

中1からの実力テストを標準偏差90として仮に算出してみると、5教科では、中1、中2のころがだいたい49~51あたり。今回のでは55なので、塾としての目標「夏期講習で偏差値5アップ!!」はほぼ達成できている。

今週は多くの市内の中学校で10月の実力テストがあった。

実績をきちんと積み上げていきたい。

人工知能がトレンドの国語

8月末から、中3は50分授業へ。コロナで部活がないことが多いので、いつから50分にするか悩みどころ。

理科は、イオン。中和のところ。なかなか理解が難しいところなので確認テストをしながらゆっくりと、じっくりと。早野中3は、イオンを終えてすでに天体とか。そのスピードだと今月に教科書内容が終わってしまう。さすがに早すぎるので、11月末に教科書内容が終わる当塾のシラバスに沿って。

社会は「地方自治」。来週から経済。これも当塾のシラバス通りに、後期中間前に教科書が終わるシラバス通りに。

国語は、人工知能に関する説明的文章。常に音読から入るから、よくできる。だから学校のテストでも実力を発揮して欲しい。進度は、シラバス通り。

中3は、11月には教科書内容が終わり中間テスト対策して、それからは入試対策。

レベルは、定期テスト対策→実力テスト対策→入試対策、の順で問題ない進度。

敬語や同音異義語はやはり難しい

今日の小6・中2は、先週金曜日に台風16号で臨時休講になったので、一週間ぶり。

小6は、計算ドリルで復習。やはり気になるのは、分配法則が未熟。円柱に穴が空いている竹輪みたいな図形の体積。

5×5×3.14×5−2×2×3.14×5

=(5×5−2×2)×3.14×5

と計算して欲しいのだが。とにかく、今の子供は高校生も含めて、計算か遅すぎると思う。

英語は、First, Second, Thirdとまず、次に、三番目に。

中2、国語は敬語と熟語。小5に敬語をやらせると惨憺たる結果。さすがに中2は?やはりあやしい。「父は先生に手紙を書かれます」は、「お書きします」なのだが正解なし。「辞世の国」は正解なのだが、意味を知らない。芭蕉の辞世の句「旅に病んで 夢は枯れ野を 駆けめぐる」を紹介したが。浅野内匠頭の辞世の句も有名だが、それだと「忠臣蔵」を説明しないといけないので時間の関係でカット。

英語は、第四文型。やはり、一回休みになったので、単語も文法も頭から抜けている。〜は、〜する、〜に、〜を、としつこく。接続詞が省略されたりするとすぐつまる。「英語では、一文に動詞が一つしかつかえないんだから、find(found)とBe動詞(was)が一文にあったら、接続詞thatの省略をすぐ疑いなよ」と。

数学は、9月の学校の中3の実力テストの一次関数の問題を確認テストに出してみた。この問題、確か平成4年の千葉県公立高校の入試問題と同じ。よくあるタイプは、x座標をtとおいてy座標をtで表すのだが、これはy座標をtと置くので、応用力が必要。結構くらいついていました。

今日の授業

昼間は暑くなりましたね。

小5の算数は、計算ドリルで復習。英語は、Who is your hero?が終わりました。

中1は、国語が「星の花が降るころ」が終わりました。

英語は、whyとbecause。英単語がとにかく多いです。

数学は、比例の応用。

「勉強の秋」どんどん力をつけていきます。