LINEのボイスメッセージを使って音読指導


今日は、夜、雨。そして南風になったためにわりと暖かくなってきました。

中1生徒には全員LINEアドレスを交換して、今日から英語の音読指導に利用してみています。

教科書のページを指定して2回音読して、LINEで送信してもらう。
読み方がわからなくなっている可能性もあるので、こちらもwindowsのボイスレコーダーで、ゆっくりめに録音したものを送信して、練習してから音読してもらう。

やってみると、教科書の1セクションはわずか30秒。2回音読を課題としてみましたが、10回音読でもわずか5分なので、次から10回音読にしようかな…。

パソコンがある家庭なら、ボイスレコーダーを使って音声ファイルを使って、そのデータをLINEにドロップするだけ。

基本、生徒がスマホでできることを想定していたので、PC利用もありかな、と思いました。

そういえば、生徒は、ギガスクールでタブレットが渡されているはず。ならば、もっといろいろ利用できるかもしれません。
国語も音読させるのに同じ手が使えます。

英語と国語はとにかく音読が第一。

ワークなど文字教材の演習では足りないことがたくさんあります。

教室だけでなく、さまざまな面から学習をサポートして、本当の学力を伸ばしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です