修学旅行のお土産!

先週修学旅行に行った中3生に、修学旅行のお土産をいただきました。
3年ぶりに、修学旅行が復活したおかげですね。

「千葉県私立高校入試のしくみ」のページに、2022年度の入試結果一覧をアップしました。
興味ある方は、そちらのページをご覧ください。

茂原南中の前期中間テストまで、あと2週間。
そろそろテスト対策をはじめます。

中3の授業では、国語は「つくられた『物語』を超えて」が終わって、「具体例」や「スピーチ」など。昨年度例だと、「つくられた『物語』を超えて」までが中間試験の範囲でした。

公民は、「日本国憲法と人権」まで終わりました。中間試験の範囲は歴史ですが、塾はどんどん先に進みます。

理科は、「イオン」。周期表を復習して、1族(アルカリ金属)は+1に…と。教科書に電子配置が載っているので。
中2生は試験範囲が「原子・分子」なので、去年の問題を見ると、「周期表」を答えさせる問題もでている。
「同位体」も試験範囲になるので、水素を例に、水素・重水素(ディウテリウム)・三重水素(トリチウム)などの説明も。
とりわけ、トリチウムは放射性同位体なので、福島第一原発事故では、アルプスでトリチウムを含んだ水が取り除けないので、間もなく海洋放出することなどを解説しました。
福島沖は、親潮が流れているので、銚子沖あたりで黒潮とぶつかります。
ここ2年半は、新型コロナの影響で「海開き」できませんでしたが、トリチウムの海洋放出がはじまると、今度は放射線の影響で、10年くらいは九十九里浜の海水浴や海産物忌避の動きとなるのでは、と思います。

世界的にはウクライナ問題も深刻です。
子どもたちに、明るい未来を語りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


モバイルバージョンを終了