前期期末テストに向けて

こんばんは。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

今日も暑かったですね。塾の二階は、窓を全開していましたが、エアコンを入れない状態で室温41.7℃。ほとんどお風呂の熱湯並みです。

だんだん前期期末テストのテスト範囲がわかってきましたが、学校休校が続いた2020年度より遅い。年度末には間に合わない、高校入試にもまったく間に合わない進度です。明らかに、内容が多すぎて、生徒の理解度に合わせるとそうなるのでしょう。かつ、先生のまったくの無駄話が長すぎ。ボクは、一見ムダ話と見えて、あとで有効な話しかしない。例えば、今日は「なんで夢見るのですか?」と。実は、睡眠時、脳は、記憶を読み出す時間と、記憶を整理しながら定着する時間があり、ワンクール1時間半くらいのサイクルです。夢を覚えているのは、記憶を呼び出し中に目が覚めたのです。脳は常に夢をみる=記憶を呼び覚ます行為を定期的にやっている。また、脳の細胞は、シナプスという他の神経細胞への連絡通路を作りながら、必要ないシナプスは消滅していく。知識を確かにするには、エビングハウスの忘却曲線に従って、適切な復習が大切だよ、と。ムダ話といえばムダ話だが、生徒の勉強へのモチベーションを高めるムダ話は、機会があれは、しっかりいれる。

そこが、映像授業との違いだ。タイミングが大切ですよね。やる気、モチベーションをタイミングよくできるのも、ベテランの、授業だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


モバイルバージョンを終了