千葉学芸高校の進学実績

こんにちは! 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
先日、千葉学芸高校(東金市)の先生がいらっしゃいました。
「進路指導報告」という進学実績をいただいたのですが、今春は上智大、明治大、立教大、中央大、明治学院大、国学院大、東洋大、専修大、日本大、文教大、東京農大などに合格者を出しているそうです。
高校野球夏の大会でも勝ち進みましたね。

思い出したのは、長生高校の河野校長の話。
「(オリンピックが終わって)私立大学の文系と、国公立大後期はすごく合格しやすくなっている」と。
日本経済の先行きがあやしいなか、理系志望者が激増しているようです。
県内だと千葉工大もレベルアップが著しいようです。

さらに山武郡内の公立高校の動向もお聞きしました。
成東高校は、定員増のためかなりレベルの低い生徒も合格しているようです。
この結果、2番手高の東金高では上位・中位の生徒が成東に移動して、同時にレベルダウン。
最下位の九十九里高は、下限がない状態になってしまっているらしいです。
成東高校は今後定員減になってもレベルが戻らずに、隣接学区の匝瑳高校のようになってしまうのではないか、と。

だいたい、私たち塾の調査結果と合致してるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


モバイルバージョンを終了