令和5年度千葉県公立高校入試の動向

こんにちは!茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
模試結果などいろいろ情報が入りはじめました。

県千葉、千葉東、長生、木更津など上位高は、今のところ志願者が減っています。
昨年度に高倍率となったので、ボーダー付近の生徒が敬遠しているのでしょうか。

逆に倍率が高くなりそうなのが、幕張総合、千葉西、茂原などです。

私立高校は、今後の入試相談(事前相談)以降、少しずつ情勢が分かって来るのかもしれません。

今日聞いた話では、不祥事の報道があいついだある私立高校はかなり受験者が減るのではないか、ということでした。

寒さが本格的になってきました。
体調に注意しながら、入試に備えていきたいと思います。

英語か、日本語か?

こんばんは!茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

今日は、昼間の気温が23℃。暖かかったですね。

高校時代、得意だった化学はテクニカルタームも日本語で覚えました。外書購読や、文献調査もやりましたが、基本的に日本語。

高校時代にサボっていた生物。大学院で生化学を専攻したので、ほぼ一から学び直し。テキストは、みんな英語。だから、生物のテクニカルタームは、基本的に英語。細胞膜よりプラズマメンブレム、ゴルジ体よりゴルジアパレイタス。アレル、リンボサイトなどなど。

今の高校の理科の教科書は、基本的英語表記つき。もし、理科や数学のテスト問題が、すべて英語になったら、英語が浸透するのだろうか?

理系英語は、基本的に仮定法とかでてこないので、中学英語の文法でほぼOK。英字新聞になると足りない。文学なら、話にならないかな。

もっともNatureやScienceになると、字数を省略するためやたら「,」だらけで、どれが文の区切れでどれが関係詞の省略なのか、なかなか分からない。

英語が苦手の生徒の気持ちはよくわかる。が、英語の必要性も。

もっとも、英語が苦手な生徒は、日本語が不自由な生徒も多い。漢字の読み書きができない、語彙が貧弱。教科を切り分けるアスペクトだけでは解決できないのだ。

夕方、千葉の塾長から電話。最近のボクの投稿を見て、元気が無さそうだから、と。木更津の塾長もそうだが、弱っていても気にかけてくれている友人がいて、ありがたい。今年で進学塾好学舎も満35周年。まだまだ頑張りたい。

後期中間、実力テストW学年1位!

(個人情報保護のため画像は加工してあります)
こんばんは! 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
夏期講習から入塾したある中3生。
講習あけすぐの前期期末テストで学年1位。
後期中間テストも1位を堅持。
かつ、11月の実力テストでもついに学年1位を獲得。
定期テストと実力テストの二冠達成です。

夏期講習でつちかった学力ですが、2学期も同じペースで自宅での学習を継続しないと、神通力がしだいに薄れて、後退してしまうのはよくある話。
「継続は力なり」
地道な努力を日々続けて、最後は生徒全員が大きく伸びた状態で受験に臨みたいものです。

生徒たちに大いに期待しています。

冬期講習が近づいてきました

こんにちは! 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
昼間は暖かいのですが、いかんせん夜の仕事なので、帰る時間には寒くなります。
南中の1年生は、コロナ関連で欠席者がかなり多いらしいです。クラスにもよるようですが。
受験生は特に、十分注意してくださいね。

今日の中1は、

数学は、作図です。
垂直二等分線や角の二等分線、垂線など。
理科の鏡の反射でも、使う最短距離の問題など、少し工夫がいる作図も扱います。

社会は、歴史です。
茂原中の試験範囲が「ユーラシア大陸の動きと武士の政治の展開」までだったので、ザッ説明はしてありますが、そんなことでは生徒はすぐ忘れてします。
問題演習をしながら、何度も繰り返します。

理科は、地学分野へ。
火山と火成岩です。
ボクは理科の先生ですが、地学はほんとうに好きじゃない。
教員免許をとるために、大学でも地学の授業と地学実験(地震計で地震をみる)もやりました。石の名前とか、生徒が興味をもってはもらえないんじゃないかと心配になります。

NHKの大河ドラマ、今年は「鎌倉殿の13人」。
教科書的には、
①平治の乱に勝った平清盛が太政大臣になるも、恨みをかって、源義経の活躍で平氏は壇ノ浦で滅ぼされる。
(木曽義仲は登場なし)
②源頼朝が源義経を捜索させる名目で守護・地頭をおく。
③征夷大将軍となって鎌倉幕府を開く。
➃後鳥羽上皇が承久の乱を起こすも負けて隠岐に流される。
⑤三代目執権の北条泰時が御成敗式目を制定する。・・・
この①~④の間のできごとを一年かけてドラマで見ることになったわけです。
この時代の歴史書「吾妻鏡」を底本にしているそうです。
教科書では、平氏討伐に範頼がでてきても、その後は何も記述がない。
その他の弟のことは教科書にはまったく出てこないですね。
茂原市の藻原寺の裏手には「馬洗いの池」というのがあって、源頼朝がここで馬を洗ったのだとか。
しかし、今の子供はあんまり大河ドラマを見ないようですね。
千葉県の公立高校入試の社会の問題では、「●●から100年」とか「大河ドラマでやった」とかに関連しての出題がよくあるので、2023年度入試では「鎌倉時代」は出題確率が高いと思っています。

それと、今年秋の「大河への道」という映画で、伊能忠敬の話をやっていました。
あまり話題にはならなかったようですが、これも出題される可能性があるんじゃないかと思っています。

ドラマでも映画でも、ふだんの生活の中でも、つい、入試のこととかが頭をよぎる。
職業病ですね。

今日の中2授業

こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
先日、今の中3は小6の3月から中1の5月まで三か月、休校だったと述べました。
ので、中2は小5の3月~小6の5月まで休校だった生徒なのですね。
学校休校は、成績上位、かつ、規則的に勉強する習慣のある生徒には影響はあまりありませんでした。
が、成績が中位以下で、ひごろから学習習慣のなかった生徒には壊滅的な影響を与えています。
確かにあの頃は新型コロナに対する知見が少なかったとはいえ、亡くなった安倍元首相のくだした学校3か月休校は、子供の学習には壊滅的な影響を与えたということでしょう。
小6の学習内容は、ほとんど中学の内容に直結していて、この時期の学習の定着が、中学以降の学習に影響しています。
だから、この時期に十分な教育を受けなかった現中2の中位以下の子は、おそらく3か月間まったく勉強から遠ざかって、いわば認知症老人と同じ状態になっていたのはないでしょうか。
特に、今か、両親が共働きで昼間いない。
スマホなどでゲーム中心の生活を送っていたとすると影響は多いです。

先々週、茂原市の不登校児などの面倒を見る学習指導員の方がいらしてお話をさせていただきました。
そのかたの話では、1日6時間以上ゲームをし続けると、脳に深刻な影響があって、いわゆる精神異常などが現れ、回復が難しい、と。

そういう現状を踏まえると、現中2、中3の成績下位層は、回復がかなり難しいのかもしれませんね。
今日の中2は数学から。「図形の証明」です。三角形の合同条件を使って、合同を証明していきます。
社会は歴史。寛政の改革~天保の改革。江戸時代末です。中2,中3は小学校での歴史教育が足りなかったのかもしれません。「覚える」というのが苦手で、かつ、一度覚えても定着が難しい印象があります。
理科は、「気象観測」。「先生のいる方が南です。太陽はどっちから昇るか指さしてください」

皆さんが正答率がどれくらいだと思いますか?

ちなみに、今年の中2の正答率はなんと0%でした。

勉強は単に紙の上でやるものではありません。
南を向いて、北、東、西はどちらか。
太陽は、どちらから出て、どちらに沈むか。

繰り返しますが、学力上位層は、学校休校の影響をあまり受けていません。
中位~下位の生徒。
中学入学前から補充しないと。
先の正答率、0%でした。

中1も新しい課題を配布

こんばんは♪ 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
今日は、中1にも12月の課題を配布します。
課題は、だいたい1単元が終わったところで、「復習」として出しています。
コロナ第8波の到来のようです。
北海道や東北で感染者が増加しています。
もっとも、さすがに「コロナ慣れ」が進行しているのか、ニュースによるとワクチンの4回目(オミクロン株対応)接種は進んでいないようです。
東京のピークは1月で、第7並程度の人数が予想されているようです。
で、塾もようやく「学校3か月休校」以来厳しい経営環境でしたが、それを抜け出しつつある感じになってきました。
この調子で新年度募集も行って欲しいところです。

成績アップ続々と

こんばんは! 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。
中間テストもじょじょに返ってきて「過去最高得点でした」といううれしい報告も増えてきました。

模試の結果も、だいたいはアップ・ダウンを繰り返して、徐々に上がってくるのが普通です。
でも、中には一本調子で上がり続けている生徒もいて、ちょっとびっくりです。
偏差値なんて
「上がったら実力、下がったら運が悪かった程度で、最後の入試で結果をだせるように頑張れ!」
と、ふだんは言っているのですが・・・。

12月実力テスト対策スタート

こんばんは。茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

東中をのぞき、後期中間テストもようやく終わりました。
次は、中3の第5回実力テスト(12月)です。
多くの中3生は、このあたりから伸びてくる例が多いものです。
入試をしっかりと意識しだして、勉強も今までより真剣に、長時間取り組むようになるからです。

安倍内閣の学校休校の影響

こんばんは♪茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。先日、教材屋さんと話していて、生徒のことがわかりました。今の中3は、小6の卒業式・中1の入学式が、3ヶ月の学校休校でなくなった学年です。だから、千葉県はもとより全国的に「基礎知識があまりに足りない」といろいろな授業でいわれているそうです。うちは、すぐにzoomによるオンラインで対応したこと、学校休校は、成績上位層はあまり影響を受けず、中位・下位が大きく影響をうけたため、うちは被害が少なかった。このため、中3が二学期に成績が伸びているのだと分かりました。中2も、小5から小6の春に学校休校にあっています。小6は、中学の基礎なので、この時期に学校休校を受けた中位・下位層は、基礎学力とモチベーションに大きく傷がついているのですね。逆に、全体的に基礎学力が不足している中3・中2は、ちょっと頑張ると、すぐに抜け出る可能性が高い。今こそ頑張り時です。今年は、夏から入塾希望が多いです。コロナで停滞していたこの2年半とは、トレンドが変わったようです。また、去年あたりから個別塾からの転塾も増えています。やはり、5教科指導のよさが、改めて見直されているからでしょう。

さらに成果が、出るように頑張ります!

高い。

テスト近し!

こんばんは♪茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です?

今日は、午後か塾に近い茂原中央病院に、新型コロナの4回目接種に行ってきました。約3週間前にインフルエンザ.望ましい予防接種もやりました。対応できる感染対策はやりました。もっとも、最新のBA4 、BA5対応ワクチンの方が、よいのですけど。
BA1対応の2価ワクチンでさえ、田舎では10月半ばからやっと。
待っていたら来年になってしまうと思い、打ってきました。
腕は痛いのですが、じいさんは熱はでない。
かつ、50肩がなぜか治ってしまう。

さて、いよいよ明日からテスト期間。
長生中を皮切りに、最後は東中です。

ところで今夜は442年ぶりの月食と天王星食が同時に起こるそうです。
次は2400年だとか。生徒と見ます。(テスト前なのでちょっとですけど)

モバイルバージョンを終了