中3は修学旅行シーズンに突入

茂原南中の3年生は、昨日から二泊三日で修学旅行中です。
新型コロナの影響で、ふつうに修学旅行に行くのは3年ぶりですね。
他の中学校も順次修学旅行になります。
修学旅行中は、授業を録画して、You Tubeで生徒に配信します。
ある意味、便利な時代になりました。
以前は、修学旅行の中学があると、その日は復習にあててなるべく進まないようにしていました。

中2生には「日々の演習」を配布。これで全学年5月までの日々演の配布が終わりました。

今日は午後一で、鹿島学園高校通信制の高3生の日本学生支援機構の予約奨学生の面談。
奨学金は、貸与型と給付型があり、また大学の授業料免除も広がっています。
予約奨学生になっていると、大学入学後に早い時期から奨学金がもらえます。
入学してからも手続きできますが、数カ月遅れて遡って4月分から一括で入金になります。
ボクも母子家庭だったので、予約奨学生で、当時は26000円。20000円が貸与型で、6000円が給付。学校の先生になると返済免除もありました。
ボクはならなかったので免除になりませんでしたが。
通信制高校とはいえ、正式の高校なので、奨学金だの、通学定期だの、学割だの、生徒からいろいろな相談や申し込みもあります。

家庭の話。
自動車整備士の次男が、転勤になり、来週から一人暮らしとなります。
これまで茂原店だったので、自宅から20分ほどでしたが、転勤先はあろうことか、茨城県日立市。
ボクの覚えている日立は、海の沿って、常磐線と国道6号が走り、山側に日立の工場が立ち並ぶ、暗くて汚らしい印象が。
もっとも40年近く前のことですから、今は常磐自動車道も開通し、全然違うのかも知れません。
水戸と日立の間にあるひたち那珂市は最近海浜公園で有名ですね。
中学校の地理の教科書にも、「北関東工業地域で生産された部品や製品が、北関東自動車道で那珂港にトラックで運ばれてそこから輸出される」というような記述もあります。
さらに北上すれば福島県との県境。
北茨城の五浦(いづら)には、茨城大学教育学部付属施設として岡倉天心が日本美術院の本拠をおいた跡地がありました。岡倉天心や横山大観が絵を描いたという六角堂などがあって、ちょうどこのシーズン、ゴールデンウイークには見学できました。
が、2011年の震災で津波によってみんな無くなってしまったようです。
「でも、大甕にはシオン(茨城キリスト教大学)や茨大の工学部なんかもあるからまぁ賑やかなのでは」
と家内にいうと。
「あぁ、大甕(おおみか)って読むのね。電車を調べていたら大甕から東京まで特急のスーパーひたちがあるって。」
かつては、特急ひたちはいわき市の「たいら」まで行っていたはず。過疎の影響なのか、原発事故の影響なのか…
寝台特急「ゆうづる」は、上野から水戸を経由して、途中で東北本線と合流して、青森まで直通でした。一度後輩の結婚式に行くのに乗りましたが、今は寝台特急もほとんどなくなったようです。
などど、転勤話で話が広がっていきましたが。
とりあえず、転勤先では「ピットマネージャー」に昇進だとか。
子どもが巣立つと家もさみしくなりそうです。

鹿島学園高校通信制 オンライン就職セミナーを開催

通信制高校では、レポートやスクーリングによる教科の勉強だけでなく、「特別活動」を指定時数とることが卒業要件になります。
今日は、午後2時から「オンライン就職セミナー」が開催されました。
zoomを使い、全国のKG高等学院で学ぶ高校生が数百人参加していました。
特に近年、「キャリア教育」が叫ばれ、中学校でも中2で職場体験学習をしています。
(新型コロナの影響でここ2年間は中止でしたが)
卒業をアシストすることはもちろん、就職や進学にあたってのさまざまなアドバイスやサポートをするのもわたしたちの仕事のひとつです。

通信制高校に興味がおありの方は、ぜひ資料をご請求ください。

茂原南中はあと3週間で中間テスト!

世間でも連休が終わりました。ゴールデンウィーク中の人手を見ると、去年の七月のデルタ株蔓延のデジャブューが。

土曜日の中3は、ワクチン3回目接種で具合悪くなった女子がお休み。それと、年間予定表を渡してあるのに、なぜか休みと思ったと言う男子が休み。かつ、今週は修学旅行。そんな長い休みがあるわけない。女子の休み連絡が早かったから、ビデオ撮影できて、YouTube配信できたが。

今年度から、修学旅行や宿泊学習が授業日にかぶった場合は、自動的にYouTube配信。疲れた、とか、個人的な欠席は?だけど。学校の年間予定に合わせて配信します。

もちろん、代休に来れるなら個別指導もOK。ICTの進化を塾としても最大限活用します。

授業は、数学が「平方根の利用」。素因数分解が中1になったので、√12aが整数になる自然数aを求めよ。は、中1内容と重複。式の値では、対称式の利用もできる子も増えた。昨年の生徒のテスト問題コピーを見ると、連立方程式とみて代入法で解いている。この子は、2学期から数学は激ノビしたが、1学期はレベル2だったんだぁ。社会は、公民で日本国憲法。理科は、イオンに。理科は、教材会社の実験・観察の映像を買っているので、それを活用。

今日の、小6は、算数は分数の乗除の応用。とにかくわかりやすい数をおいて、何算か予想して解くように指導。分数に惑わされなければ決して難しくない。さらに、割合への応用。「くもわ」の公式の復習。

中2は、数学は連立方程式。複雑な連立方程式。社会は、学校が地理からと言うので、地理に。世界の造山帯や日本の地形・気候へ。理科は、酸化と還元。昨年の中間テストの問題をみると、早いでは、酸化と還元の計算問題がかなり出ている。やはり学校は、ゴールデンウィークを過ぎると急にスピードアップする。油断はならない。

子どもたちは、3月・4月のチンタラモードに慣れてしまっているから、もとに戻すのが大変です。

連休あけ、5月スタート!

写真はイヌワラビ。中1でイヌワラビを知らなかった子がいたので。イヌとかヘビとかつくのは人間には食べられないんだよ、と。前回。「ヘビイチゴ食べた」とか。子どもは怖い。

今日は、小5。小数の割り算。英語は、復習。月や日にちはまだまだ。

中1は、理科はセキツイ動物。国語ら「大根は」。英語は助動詞can。ゴールデンウィークの課題のは、サボりには天誅!

学校でもテスト勉強を始めるように言われたらしいので、勉強法を。効率的・効果的なテスト勉強が大切ですが!

5月5日=こどもの日=端午の節句

今日は、5月5日です。ゴールデンウイークも終わりですね。
端午の節句は「菖蒲(ショウブ)」の葉をお風呂に入れる、「菖蒲湯」に入るのが日本の習慣です。菖蒲を勝負にかけて、「菖蒲強い子に育つように」という願いをこめた習慣です。

ところで、「菖蒲(アヤメ)」「菖蒲(ショウブ)」「燕子花(カキツバタ)」などは同じ仲間の植物です。
水郷佐原などで、船で鑑賞するので水の中にありそうですが、意外と水辺以外にもあります。

先日、中2の歴史で、「元禄文化」をやったとき、尾形光琳の「燕子花図屏風」の話をしたら、「燕子花って何ですか?」という生徒がいたので、写真に撮っておきました。

今日は好天で夏日でしたが、また寒い日もあるそうです。

TVニュースを見ると、今年のゴールデンウイークは、コロナ前に近い人出だったようです。2週間後、第7波になってないとよいのですが。

連休も終盤ですね

ゴールデンウイークも残りわずかですね。
日々、LINEで英語(中2には「枕草子」)の音読指導。
ゴールデンウイーク中は、運動部の練習試合も多いのですが、勉強の習慣を途切れさせてはいけません。
高校は、あと2週間ほどで前期中間テストです。
進学校からでも、国公立大や有名大学への指定校推薦を狙うのなら、テスト前に限らず、日々3時間程度の自習時間が必要で、かつ、テスト前はさらに。
高校進学後にいきなりそういうことを求めてもなかなかできないので、小・中学生のうちから家庭学習・長時間学習の習慣をつけておかねばなりません。

とはいえ、大人にはいろいろやることがあります。

連休前に突然発作を起こして倒れた愛犬。
獣医さんが半日入院させてくれて、ステロイド剤を3日投与。
3日の午前に再診。
すっかりよくなったようです。
もっとも年齢が年齢なので…

そして、新型コロナワクチン3回目を打ってから寝たきり状態になり、1か月ほど入院していた義父も3日に退院。
病院で家内が聞いた看護師さんからの話だと、リハビリしてもあまり完全しておらず、食事もあまり食べず、認知状態もよくない、と。
しかし、実際に家に帰ってみると、歩くにはかなりリハビリが必要そうながら、食欲もあって、水分も自分で飲める。
話もしっかりできる。
ややレスポンスが遅いので、きっと多忙な病院の看護師さんには、「反応がない」と受けとられていたようです。
かつ、食事はまずいと有名な病院食の中でも、とりわけその病院のものはおいしくなかったようで、それで食事もあまり食べられなかったようです。

そして天気さえよければ、庭の草刈りと庭木の剪定。隣家との境にある庭木やつる性植物は、剪定して越境しないように気を付けなければいけませんから。
写真は、庭のアメリカハナミズキとクレマチス。

夕方には早々にお風呂に入り、一杯。
ので、これまた早々にダウン。
しっかりリフレッシュして、中間テストに向けて準備していきます。

今日からゴールデンウイーク休講です

今日から進学塾好学舎&青葉予備校は、ゴールデンウイーク休講です。
カレンダーのように、一週間の連休となります。
5月6日からは通常営業となります。
ゴールデンウイークは、部活の練習試合なども多いので。
ですが、「日々の演習」と「LINEによる音読指導」などは継続して、勉強の習慣が途切れないようにしたいと思っています。

写真はマツ。
中1の「裸子植物」ででてくるのは、この時期の花。
最上部が雌花で、付け根付近は雄花。

高1の生物基礎の「植生」でも再度学びます。
それで以前調べたことがあります。
本州に多いクロマツは日本在来種で、マツタケの生えるアカマツは外来種。
北海道に多いトドマツはモミ科、エゾマツはトウヒ科。
高山や知床などのハイマツは、マツ科。
いずれも常緑針葉樹。

世界地理ででてきる冷帯のシベリアに広がる針葉樹林帯は、気候帯が同じ北海道と同様にモミ科やトウヒ科の樹木の森林です。

昨日は小5と中2。

小6算数は、「小数×分数」「小数÷分数」の混合算。国語は、漢字。

中2の理科は「化学反応式」。
テキスト水のモデル図を見て「中学校の先生が、水はへの字型で書くようにと言われました」と。
「うーーん。そうなんだけどね。二酸化炭素は直線型で、水はへの字型、というのは高2か高3にならないと説明できないのよ。だから塾では、どちらも直線型でいいよ」
と。
→水はsp3混成軌道で、二酸化炭素はσ結合とπ結合の二重結合だから。って中学生には説明できない。

国語は、「枕草子」。小5でも暗唱したはずなのに、読ませると酷い。2学期には、「平家物語」や「徒然草」も習うので、前回から「歴史的仮名遣い」を「現代仮名遣い」にする練習もしてきたのだが。

英語は、have toとdon’t have to。
中間テストまで南中は1か月前になる。5月は南中以外は運動会、各中3の修学旅行も。学校行事とのバランスをとって頑張って欲しいところ。

たまには、個人的な話

愛犬が昨日急に痙攣を起こして、獣医に緊急入院。行ったときは半身だったが、なんとか回復。

12歳。人間で言えば、70歳近くか。

今日の中3は、理科から。

理科は「エネルギー」。位置エネルギー、運動エネルギー、力学的エネルギー、ほか、エネルギー変換効率、エネルギーの保存など。

学生時代、エネルギーの変換効率の一番いいのは「光合成」だと聞いた。ので「バイオミメティック」といって、光合成に似た反応を化学的にやらせる研究も盛んだった。

つきは、国語。「作られた『物語』を超えて」。山極寿一さんの文章は素晴らしい。高校の国語に採られている、福岡伸一さんの「動的平衡」と並ぶ理系学者の文章の白眉だふ。

英語は、使役動詞と原形不定詞。make, let, helpの用法。親世代は高校で習った内容で、英語の苦手だった親世代には「?」かも。

今の中学生、大変です。

ゴールデンウイークまでにやることがたくさん

今日も暑い一日となりました。
写真は危険外来種の「ナガミヒナゲシ」です。

今週末からゴールデンウイーク休業になります。
ここ数年、新型コロナで部活動が制限されていたため、あまり気になりませんでしたが、制限がなくなると、部活の練習試合などが組まれることが多いのがゴールデンウイークです。
課題を出して、家庭学習は続けてもらいます。

ので、こちらも課題の作成や、200字作文の添削などやりことがたくさんあります。
先日の千葉県統一テストで、200字作文をちゃんと書けていた中3生がわずか一人。
去年あたり、何も言わなくても、作文までちゃんと全員書いていたので、「これは対策しなくちゃ」と早めにスタート。でないと、学校の実力テストでも最初からー12点の「88点満点」のテストを説くことになってしまうので。

知床で、観光船が転覆して多数の犠牲者がでているようです。
36年前くらいに、ウトロから知床半島をめぐる観光船に乗ったことがあります。
もちろん夏でした。
4月とはいえ、オホーツク海は水温3度だったとか。
世界自然遺産にも認定されている素晴らしいところですが、あまりに痛ましい事故に、胸が痛みます。

たまには、動画を

いつも文字と写真だけだと変化がないので、たまには動画を。
消えちゃう前のブログで、文字で解説していた、「令和4年度 千葉県公立高校入試 数学 大問2」の解説です。