月日は百代の過客にして

中3の国語で「奥の細道」を教えてみて、丸谷才一の「桜もさよならも日本語」を思い出した。

36ページを紹介してみよう。

 東京書籍『新しい国語』中三、『漂泊の思ひ』をはじめとして、今の教科書の『奥の細道』はたいてい、

月日は百代(はくたい)の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。

とはじまるテクストを使ふ。岩波『日本古典文学体系』本に従つているゐるのである。しかしわたしには、ハクタイはどうも納得がゆかない。
 この書き出しは李白の『春夜、桃李園ニ宴スルノ序』の「夫レ天地ハ万物ノ逆旅、光陰ハ百代ノ過客ナリ」によるものだが、ハクタイと訓むのは、おそらく芭蕉が読んだと推定される『古文真宝後集』和刻本のこの箇所に「百(ハク)代」と仮名が振つてあるからだ。「百」がハクと漢音でゆく以上、「代」も漢音でタイと、元禄の俳諧師が訓んだにちがひないといふ考証は、学問的には貴重なものだらう。だが、現代の普通の読者が『奥の細道』を読むには、ヒヤクダイで一向かまはないではないか。
 もし作者が発音した通り読まなければならぬとすれば、江戸初期のハ行音はha、hi、fu、he、hoではなく、fa、fi、fu、fe、foだつたのだから、ファクタイであつた度合ひはかなり高い。さらに『新しい国語』中三の前のほうに控へていゐる『万葉集』の和歌のときには、「あかねさす紫野行き標野行き」その他を、上代の厄介な音で読まなかければならなくなる。
 それはペダンチックな言ひがかりだと切り返されるかもしれないが、しかしわたしとしては、ハクタイを強ひるのがそもそも学問の些末なところに溺れた態度だと言ひたいのである。戦後の現代文教育が変に文学づいてゐるのと対をなすやうにして、古文教育はうるさく学問づいてゐるのではないかとわたしは憂へる。つまりここに振り仮名は要らない。ヒャクダイでかまはない。同様に数行あと、「江上(かうしやう)の破屋に蜘蛛の古巣をはらひて」の「江上」も振り仮名は要らない。岩波『古典文学大系』本は専門家用にしておけばいいので、中学生はもつとのんびりしたテクストで、しかもたくさん古典を読むことが必要だらい。
(初版1986年1月25日、2刷1986年2月10日/新潮社版による)

丸谷才一の「日本語のために」は高校時代に読んだが、この「桜もさよならも日本語」はその続編という感じのものであった。

実際のところ、中学や高校のテストでは、「月日は百代の過客にして」の部分の線が引いてあって、「読みを書け」みたいなことも多いので、参考にはなる。
ちなみに角川文庫版も、「ハクタイ」「コウシヤウ」と仮名が振ってあります。

台風はそれましたが、明日は学校休校です

さいわい台風は東にそれました。
昨年は、9月に台風が立て続けに千葉県を襲い、風台風、雨台風と大きな被害をこうむりました。

が、長生郡市の小中学校は早々に明日の休校を決定。

新型コロナで3か月休校後、学校はすごい進度で授業を進めています。

一番速い長生中の中3でいうと、

英語は「Program7-3」の関係代名詞が終わりです。数学はすでに「相似」、理科は「天体」、社会は「国会・内閣・裁判所」まで。

進学塾好学舎は、年間シラバスに沿って、4・5月はオンラインでの授業を行っていますので、進度に変化はありません。

が、英語、数学、社会はほぼ同進度、理科は学校に抜かれ、国語のみ学校より早い。

学校は、コロナ後、ハイペースで授業をするのに慣れて(?)止まらなくなってしまっているようですね。

このままでの進度で行くと、英語はふだん授業しないProgram9まで11月中に、理科は10月末に、社会も12月までに、数学も12月までに、国語も一部省略するでしょうから、11月には終わりそうです。

塾としてはいいのですけど、生徒は大丈夫なのでしょうかねぇ。
これは本当にハイペースです。
後期中間テスト(2学期期末?)の範囲も、すんごい広い範囲になります。

ふだんの年からこういうペースでやっていれば、積み残しはゼロ。というか、このペースだと、中1、中2も1月には教科書内容が終わってしまいます。

茂原南中も、社会は同じペースのようです。ので、9月の前期期末テストの範囲が、「江戸時代~日清・日露戦争」と途方もない広い範囲になっていました。

進学塾好学舎は、年間シラバス通りに、きちんとスケジュール通りに進めていますので、例年通りのスピードです。仮に学校に抜かれても、慌てずにじっくりやるべきことをやります。

来週、多くの中学校は実力テスト。

実はこの3連休中も、中3の実力テストプリントをつくってしまいました。

本当に貧乏性で、休むときにもやすめない。

生徒に、一点でもよい点数をとって欲しいという思いがとまらないのですね。

かりに1教科1点UPなら5教科5点で偏差値1UP。1教科5点UPなら偏差値3UP、10点UPなら偏差値5UPです。1教科あたりなら1問か2問の差。十分可能です。

生徒といっしょに1ランク、2ランク上を目指します!

万葉・古今・新古今

昨日の土曜日。
ようやく期末テスト対策も終わり、中3は英語、理科、国語の3教科。

理科の「イオン」は夏期講習前から中3内容が終わっていたので、まぁ、忘れている。
復習からゆっくりスタート。

国語は、古今和歌集仮名序と和歌。

『万葉集』(奈良時代・大伴家持編)、『古今和歌集』(平安時代・紀貫之編)、『新古今和歌集』(鎌倉時代・藤原定家編)。
生徒に聞いても、歴史で習ったはずなのに、編者は全然でてこない。

はじめは、紀貫之の有名な仮名序。

やまとうたは、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける 世の中にある人、ことわざ繁きものなれば、心に思ふ事を、見るもの聞くものにつけて、言ひ出せるなり 花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける 力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女のなかをもやはらげ、猛き武士の心をも慰むるは、歌なり。

もっとも、明治時代の正岡子規は紀貫之に批判的で、『歌詠みに与ゆる書』の中で、「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候」と述べているが。

テキストでは、「枕詞・序言葉・掛詞を理解しよう」とあるのだが、説明がないので、まずは説明から。

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらん

の「ひさかたの」は「光」を導く「枕詞(まくらことば)」で、五音で、ある言葉を導くきまり言葉。

ひさかたの→光
たらちねの→母
あしひきの→山

のようなもので、現代語訳するとには訳さない。

あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

で、「あしひきの 山鳥の尾の しだり尾の」は「長い」を導く「序詞(じょことば)」とされ、これは「山鳥の尾の あの長い尾のような 長い夜を 一人で寝るのだなぁ」と、現代語訳にもいれる。語数は不定で、かかる言葉も決まっていない。

花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

「花の色は色あせてしまったことよ、長雨が降り続く間に。むなしく私もこの世で月日を過ごしてしまった、物思いにふけっている間に。」
で、「ふる」が「経る」と「降る」、「ながめ」が「眺め」と「長雨」の「掛詞(かけことば)」になっていて、「若く美しかった自分も歳をとってしまったなぁ」と「長雨を眺めている間に」という二重の意味を重ねています。

時間的に、万葉集の数首しか進めませんでしたが、それにしても

春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山 持統天皇

君待つと我が恋ひをれば我が宿の簾動かし秋の風吹く 額田王

東の野にかげろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ  柿本人麻呂

与謝蕪村の「菜の花や 月は東に 日は西に」が朝夕が逆ながら同じような雄大な情景をうたっている。
で、「菜の花や・・・」から、山村暮鳥の「いちめんのなのはな」に連想が続いていきますね。

長歌
天地の分れし時ゆ 神さびて 高く貴き駿河なる不尽の高嶺を 天の原振りさけ見れば
渡る日の影も隠らひ照る月の光も見えず
白雲もい行きはばかり時じくそ雪は降りける
語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ不尽の高嶺は
反歌
田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける 山部赤人

まで。

持統天皇の歌は、『百人一首』では、
春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山
と改変されています。

「柿本人麻呂」も「山部赤人」も知らないし、おそらく「山上憶良」も、中学生は知らないのでしょう。

歴史の教科書でも以前は山上憶良の「貧窮問答歌」の現代語訳の一部が載っていて、奈良時代の庶民の暮らしを記述していましたが。

風雑(ま)じり 雨降る夜の雨雑じり 雪降る夜は術(すべ)もなく 寒くしあれば 堅塩(かたしお)取りつづしろひ 糟湯酒 うち啜(すす)ろひて 咳(しは)ぶかひ 鼻びしびしに しかとあらぬ 髭かきなでて 我除(われお)きて 人はあらじと ほころへど 寒くしあれば 麻襖(あさぶすま) 引きかがふり 布肩着ぬ 有りのことごと きそへども 寒き夜すらを 我よりも 貧しき人の 父母は 飢え寒(こご)ゆらむ 妻子(めこ)どもは 乞ふ乞ふ泣くらむ このときは 如何にしつつか ながよはわたる
 天地(あめつち)は 広しといへど 吾がためは 狭(さ)くやなりぬる 日月は 明(あか)しといへど 吾がためは 照りや給はぬ 人皆か 吾のみやしかる わくらばに 人とはあるを 人並に 吾れもなれるを 綿も無き 布肩衣の 海松(みる)のごと わわけさがれる かかふのみ 肩に打ち掛け ふせいおの まげいおの内に 直土(ひたつち)に 藁(わら)解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは足の方に 囲みいて 憂へさまよひ 竈(かまど)には 火気(ほけ)吹きたてず 甑(こしき)には 蜘蛛(くも)の巣かきて 飯炊(いひかし)く 事も忘れて ぬえ鳥の のどよひ居るに いとのきて 短き物を 端切ると 言えるが如く しもととる 里長(さとおさ)が声は 寝屋戸(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ かくばかり 術なきものか 世の中の道 世間を憂しとやさしと思へども 飛び立ちかねつ鳥にしあらねば(『貧窮問答歌』)

などなど、一部省略しながらも、ワークの内容に肉付けしながら授業をしました。

和歌の次は、「奥の細道」(松尾芭蕉)。

小5の国語教科書では、枕草子の「春はあけぼの…」が季節ごとに分かれて載っていて、それぞれの季節ごとに暗記するような配置になっています。

今日は、約1か月ぶりの休日。
かつ、5月以来の連休(3連休)になります。
来週日曜日に車が車検なのですが、20年になるので、さすがに維持費の軽減のために軽の中古にしようかと見に行きました。
自動車税 現在 約40000円→ 軽だと 約10000円
車  検 現在 約70000円→ 軽だと 約40000円
ガソリン 現在 約60000円→ 軽だと 約30000円
自動車保険  現在 約80000円→ 軽だと 約65000円

として、年間約9万円、10年間乗るとすると90万円。購入費用が90万円以下なら、元がとれる計算です。
しかも、今の車は20年乗っているので、さすがに今後故障による修理費用も考えなくてはいけないので。
いろいろ考えることはありますね。

ようやく今日でテスト対策終了

今日でテスト対策授業は終了です。

今年度からテスト対策期間は予想問題の徹底演習に変更してみました。

学校のワーク類はもちろんやってもらい、質問にも対応します。

一方、試験範囲を全体的に予想問題で演習しながら穴のないようにしていきます。

著作権のある国語と英語はワークを使い、あとはプリントをつくりました。

1教科につき1時間くらいはかかります。

成果が出てくれればと思います。

今日の日曜日もテスト対策で営業中です

一昨日、塾の裏の木に雨宿りのためなのか、擬態のためなのかコカマキリがとまっていました。

Facebookを見ていたら、ある塾の小学低学年のお嬢さんが、レモン水と重曹を使って色水の色の変化の実験を朝からやっていたそうです。
素晴らしいですね。
僕らが小学生のころは、学研の「科学」という雑誌を学校の体育館に売りに来ていて、付録の実験器具を楽しみにしていました。

小6くらいから、電気工作にもはまって、ゲルマニウムラジオをつくったり、トランジスタラジオをつくったりしました。
で、当時流行っていた(?)アマチュア無線の資格もとりたくて、勉強したりしました。

コンデンサーとコイルで周波数を同調させることや、トランジスタで電流を増幅することなどは分かりましたが、独学ではわからないことだらけ。

例えば、ラジオを自作するために、通信販売で「100μF」のコンデンサーを注文したのですが、「μ」の読み方がわからない。近くの大人に聞いてもわからない・・・。

独学で「リアクタンス」「インダクタンス」あたりまでは、おぼろげながらわかっても、最後の「インピーダンス」がさっぱりわからないし、計算できない。

で、高校で物理を習ってやっと解決しましたが。

実際、教えてみると、長高の理系の生徒でも、このあたりになると「サッパリ」という子が多いです。

電磁気学も、はじめの電場とかはいいのですけど、時期がからんでくると、とたんに混乱してしいます。何しろ、教科書をめくるたびに新しい公式、単位が出てくるという感じなので。

結局化学系に進学したので、「熱化学」や「量子化学」などで物理は多少関係してきますが、電磁気はほとんど関係ないので、それっきりです。

学校で勉強したことって、実生活にはほとんど役に立っていない気がします。
せいぜい、算数の計算とか国語の漢字・語彙とかくらいで。
しかし、何か新しい発想をするためのベースにはなっていると思います。
子どもたちには将来を切り開くために、しっかりと学んで欲しいな、と思っています。

「やる気!」とは

成績を伸ばすには、「勉強時間」と「勉強への集中度」のかけ算になる。

どちらも「やる気」が大切です。

では、どうやったら「やる気」ができてくるのか?

どのご家庭でもお父さん、お母さんはこの疑問をもっているはずです。

しかし、世の教育関係者、学校でも、塾でも、予備校でも、結論は出ていて「やる気」は外からは与えられない。のです。

残念ながらスイッチはありません。

「やる気」は、大人でも子どもでも、「やる」という積み重ねと、その蓄積がもたらすものです。

お父さん、お母さんも自分のこととして考えてみればわかるはずです。

興味・関心も大事です。

新しいことに興味、関心をもったら、調べたり、練習したりいろいろしますが、そういう「やる気」はだんだん冷めてしまいませんか?

逆に凝ったものが長続きしているのは、他人から与えられたものではないですよね。

そもそも「勉強好き」という子はいません。

いや、学ぶというか知りたいという欲求はありますから、ある人は「電車について詳しく知りたい」、またある人は「虫について詳しく知りたい」、またある人は「ギター演奏について詳しく知りたいし、うまくなりたい」とか、「テニスをうまくなりたい」とか…。

では例えば、「テニスをうまくなりたい」という子が、大阪なおみ選手とか、錦織圭選手みたいになりたい、とかまでいくと、?ですよね。

これはあくまで趣味の範囲です。プロになろうとしたら、それこそ血のにじむような修練と才能が必要です。うちの塾でプロ選手になったは、東海大望洋高校から読売巨人軍にプロ野球の選手になった永田くんしかいません。

が、一軍在籍は僅かで、長い間プロを続けることはできませんでした。
厳しい世界です。
かつ、彼はストイックで、真夏でも「肩を冷やしていけない」とジャンバーを羽織っていました。

となると、「やる気」はどうなるのか?

それは、「やる」ことを「継続する」しかありません。

勉強を習慣化して、日々の生活の中に学びを行う時間をつくることです。

そういう意味では、学校の「自学ノート」は理にかなっています。

とはいえ、実際の生徒はやらないんだなぁ。

毎日やらないで、まとめてでっちあげる。

ワーク類やドリルも、答えを写してでっちあげる。

これをなくさないと本当の学力はつかない。

ちゃんと毎日宿題や自学ノートをするだけで、かなりの自学力がついて「やる気」も出てくると思います。

他人から「やる気」をもらえると思っているようでは、いつまでたっても「やる気」は出てきません。

もう一つ重要なのは、「目的・目標」です。

「何のためにやるのか」というモチベーションがしっかりしていると、「やる気」は長続きします。

とりあえず、短期目標の「定期テストのため」「漢検のため」でもいいです。

この場合は、間合いをあけないために、短期目標を連続してつくることです。

何もしない期間があると、「やる気」はゼロにもどってしまいますよ。

さぁ、自分で短期目標をたくさんつくって、「やる気」を高めていきましょう!

中1生、初のテストで100点!!

今年度の前期期末テスト(中間テストは長生中以外はない)は、テスト範囲が広く、しかも9月1日~17日まで2週間以上にわたってバラけている。

すでに試験が終わった中学校もあり、テストの答案がかえってきた生徒もいる。

聞いてみると、ある生徒は

「思ったより簡単でした」

と、100点、96点、96点、96点、94点で、合計482点。

まあ、中1の最初の試験はそんな感じであってほしい。

もっとも今回は、試験範囲が中間+期末なので、かなり広かった。
(終わっていない中学は広い、ですね)

昨日、中2生にも聞いてみましたが、手ごたえはまずまずだったようです。

もちろん、生徒本人の能力、努力が大切です。

一方、進学塾好学舎では、20年ぶりにテスト対策の方法を変えてみました。
いつも同じ方法がよいとは限りませんから。

さらに、COVID-19のために、学校が3,4,5月の3か月間休みになってしまいましたので、夏休みが2週間になってしまい、7月中旬から8月後半まで休みなしで、変則的な夏期講習を実施せざるを得なくなりました。

それもテスト対策を変更した理由のひとつです。

結果が出るように、さらに必要なら変更を加えて、最高のパフォーマンスを目指します。

茂原中、茂原早野中で期末テスト

茂原中は、9月1日・2日で昨日で期末テストが終わりました。

茂原早野中は今日、明日。
明日は、英語と理科。
理科は、教科書の章末問題で最終チェックをするように指示して、生徒たちは夢中で取り組んでいました。

中2生は、今日の国語で「文法」のところが難しかったそうです。
まだ、用言の活用を教えていないので、「活用がある・なし」での判定がなかなか難しいのです。
もうちょっとして、用言の活用表をしっかりやると、動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の区別ができるようになります。

睦沢中は来週、茂原南中と長生中は再来週が期末テストなのですが、前後して実力テストもあるので、両にらみです。

例えば、茂原早野中は明日までで期末テストが終わりますが、再来週に実力テスト。

逆に茂原南中は来週実力テストで再来週が期末テストなので、もう大変!!

テスト日程って、せめて郡市で統一できないのかねぇ。

2020年度、中学生の定期テスト対策をリニューアル

今日から、茂原中は期末テスト、早野中は3日から、睦沢中は10日から、南中が15日、長生中が16日からになります。

ここ20年ほど、定期テスト対策は2週間。

まずは初めの1週間で学校のワークやプリント類を仕上げる。

次の2週間で、ワークやプリントの再確認、それが終わったら塾に貸し出しワークで3度目のという方法で高い成果が出ていました。

が、ここ1、2年、直前まで学校のワークや漢字練習帳をやっている生徒が多くなりました。

これでは、なかなかテスト結果が出ません。

そこで、2020年度から、方法を変えて、試験予想問題でテスト直前までテスト範囲を総復習し、試験の練習に徹底する方法にもどしました。

授業で、例題を解き、演習をするときは、確かに指導した通りにやっているのですが、こうしてやり直させると、全然自己流になっていて、もちろんそれでは成果は出ません。

今年度、国語はワークで学校の予習内容を学習するスタイルにしたので、4教科を徹底演習。

テスト対策期間だけ、毎回、数学→英語→理科か社会の順で徹底演習する方式にしてみました。

たとえば、今日の中1では、

数学。夏期授業で「一次方程式」の文章題まで終わっています。次は「関数ー比例と反比例」です。

しかし講習後は、「正負の数」と「文字式」を中心とした演習。
「魔法陣」「仮平均を使った平均」「文章から立式」「式の値」「素因数分解の利用」など、計算だけでなくバランスをとって教科書内容を徹底演習です。

英語。Program2から、文法、単語・連語を徹底演習。
茂原中以外はテスト範囲でない「国際フードフェスティバル」まで。
夏期講習で、Program5まで終わっているので、テストが終わったら、いよいよ「三単現のs」に入れるように復習を徹底しています。

理科。新型コロナの影響で、第1章の「植物、動物の分類」と第2章の「物質の性質」の広範囲。
今日は、後半の「物質の性質」の復習。「密度」「濃度」など計算問題まで徹底的に復習。

理科は、第3章「力・熱・光」はまだ指導していませんが、間に合うでしょう。

社会は、地理の「世界各地の暮らし」と歴史の「鎌倉時代」までは授業が終わっているので、テスト後にどんどん進めて、後期中間テストまでには、同様の方法で指導する予定です。

中2もほぼ同様。

中3だけは、「2次関数」「分詞の後置修飾」「国会・内閣・裁判所」へ。
理科は、難しい「運動と仕事・エネルギー」「生殖と遺伝」をテスト対策として復習。
1学期に「イオン」まで終わっているので。テスト後は「地球と宇宙」。

教科間のバランスを取りながら、進度と復習をしっかり考慮しながらリニューアル授業を行っています。

結果を示したいと思います!

テスト対策、2020は新しい方法に

ここ15年間ほど、定期テスト対策は、2週間。

第1週に学校のワークやプリントを終わらせる。

第2週、復習の徹底と、塾の貸し出しワークによる再演習。

とやってきたのだけど、2020年度は、来週に、茂原中、茂原早野中、睦沢中が定期テスト、15日から茂原南中、長生中が期末テストで、逆に茂原早野中は実力テスト。

という感じなので、工夫するしかない。

久~っぶりに、授業では定期テスト予想問題や復習問題を行い、学校ワーク類は、ふだん授業のない日や土日にやってもらう形式に変更した。

今日の中1を見ると、

数学は、茂原南中のテスト範囲表。

数学は、「教科書の太字の用語を確認しておくこと」とあるが、実際演習してみると、「交換法則」「結合法則」「分配法則」(ぼくらは小5で習った内容だが)のような用語が不十分。

英語はまずまずだが、まだ英単語が言えない、書けない(junior high school)とか。

Beを使った命令文Be a good student.などに難がある。

来週定期テストなのに。まだまだテスト勉強が不十分。

歴史は各中学p37の聖徳太子の前までなのだが、漢書地理史「楽浪郡の向こうに倭の国があって100余国」、後漢書東夷伝「光武帝が漢委奴国王の金印を授ける」、魏志倭人伝「邪馬台国の卑弥呼が使いを送る」、宋書倭人伝「ワカタケル=雄略天皇の記述」などがあやふや。

中1だもん。当然かも。夏→殷→周→春秋戦国→前漢→(新)→後漢→三国(魏呉蜀)→晋→宋の中国の王朝は難しいかも。

実際は晋のあと→五胡十国→南北朝→隋→唐→五代十国→宋→元…となるのだけど。

ので、テストまでにはまだまだやらねばならないことがあることをわかって欲しかった。

この土日に最終チェックを!

Example Ad #1 (only visible for logged-in visitors)