問題集・ワーク・プリントの使い方

今日の中1の授業で、

「今日は8月6日だけど、何の日?」

と質問したが、「広島への原爆投下75周年の日」と答えられた生徒は多くはなかった。

1945年3月10日 東京大空襲
     6月    沖縄戦
     8月 6日 広島への原爆投下
     8月 9日 長崎への原爆投下
     8月15日 終戦(敗戦)
というのは知っていて欲しいところなんだけど。1945年=昭和20年もできれば。

で、夏休み明けにははや今年度初の定期テストがある。

問題集やワーク、プリントなんだけど。
学校の先生の中には、わからない問題は教科書で調べなさいという人もいるけど、これは効率的ではない。
まず、自分の頭だけで1ページ分を解く(答える)。
正解は赤で書いても書かなくてもいいけど、問題番号にをつける。

試験範囲すべてが終わったら、今度は答え部分を折るか、紙などで隠してがついた問題だけをやる。(ノートとか広告の裏とか)

例えば、1回目に60%正解であったとすると、2回目には40%分が残っている。
1回目の答え合わせのときに、正解を確認してあるので、2回目のが入るのはその40%として、全体の16%になる。問題番号には、となっている。

ので、時間があれば、直前にこの問題だけを拾ってやる。

土曜日からはじまる短い夏休みに、試験範囲全体について1回目の問題を解き、解説を読んで理解し、をつけておけば、夏休み明けから定期試験の間にやるべき内容はぐっとしぼれる。

短時間で効率的にテスト勉強を進めることができるというわけだ。

ボクは高校時代、1回目は/をつけ、2回目はになり、三回目は/と記号を決めていたよ。

というような話をした。

単に勉強を教えるだけでなく、「効率的な勉強法」も伝授している。
それを聞いているかいないのか、実行するかしないのか、が結果に表れてくるのではなでしょうか?

ただ単に、塾に通っているだけでは、なかなか成果は出てこない。

天はみじから助くる者を助く。

そして、今日が原爆投下の日だと知らなかったことを恥じる気持ちが大切なのではなでしょうか?
「知」とはさまざまな事象に関心をもち、考えることでしか育たないと思う。
テストの結果ももちろん大切だけど、「知」につながらないその場限りの勉強では、かりに点数が上がったとて、それは仮のものでしかない、と。

休み明けのテストに向けて有効な夏期講習を!

今日も暑かったですね。
昼頃にははや、市原市の牛久で高温情報でテレビに出たいました。

午後から所要があって、長生支庁、茂原市役所、茂原税務署と梯子をして2時間くってしまいました。

驚いたのは、茂原市役所。
正面玄関は締め切りになっていて、東玄関のみ。
入ると、二人の職員が非接触型体温計で体温を測定され、その後手の消毒を促されました。
非接触型体温計で測られたのははじめてでした。
(三男が赤ん坊のころ、耳温計を使っていましたが)

休みあけの実力テスト・期末テストに向けて、今年は夏期講習の設計も大きく変えています。

今日の中2は、

数学は、定期テストで「一次関数」まで出題範囲に。
予定とおり、通常テキストの一次関数を終わらせるカリキュラムで進めています。
グラフの書き方、定義域と値域あたりまで進みました。

英語は、プログラム4の「Eigo Rakugo」の演習をワークで。
今年度は30年ぶりに授業後の「英単語テスト」をやめました。
代わりに、何度もワークで英単語練習をして、自然に英単語が身につくようにしてみました。

理科は、動物の分類。
早く生物を終わらせて、化学分野の復習をしたいと思っています。
動物では、例年だと、「イカの解剖」を学校でやるのですが、今年はどうなるのか?

千葉県でも、学校でのCOVID-19の感染が拡大しています。
ある県では、部活の対校試合で複数の中学校で感染クラスターが発生しているようです。
この暑さで、マスクをしている生徒もかわいそうです。

COVID-19の収束も気になるし、熱中症のことも心配です。

暑さに負けず、徹底した感染対策で、テストでの成果が出せる指導を徹底していきたいと思います。

夏休みあけのテストに向けて中1もスタート

茂原市はまだ夏休みになりませんが、長生中と睦沢中は夏休みに入りました。

中1も、夏休みあけのテストに向けてスタートです。

数学は、一次方程式。

今年度中1は計算は速くて正確なので演習は最小限にして、文章題中心にやろうと思います。

英語は、茂原中が「国際フードフェスティバル」までいっているそうなので、そこまでやっから復習に。

国語は、「いろは歌」「蓬莱の玉の枝1」。

今は小5から、有名な古文のはじめを暗記しているはずなのに。

歴史的仮名遣いは、まだまだ。

文語文法と古典単語は最小限に古典に親しむことに。

2021年度受験用の「千葉県高校受験案内」と「千葉県公立高校過去問」

関東地方もようやく梅雨明けし、厚くなってきました。
長生中のみ今日から夏休みで、他の中学はあと1週間学校があります。

中3はそろそろ高校入試に向けて準備をしています。

「千葉県高校受験案内」は当塾も執筆協力しているもので、公立高校も私立高校も入試データ、カリキュラム、卒業後の進路などくわしく載っているちょっと分厚い本です。
高校入試説明会のときに配布予定です。

「公立高校入試問題過去問」は過去4年分の前期・後期の問題が載っていて、リスニング・聞き取りCDや詳しい解答なども別冊でついていて、2学期後半から使っていきます。

短い夏休みあけには各中学校で実力テスト・定期テストがあります。

時間的になかなか大変ですが、頑張っていきましょう!

2020年 中3夏期講習、はじまっています! 

今年度は、新型コロナウイルスの影響で、夏休みが不規則になってしまい、学校はまだ1学期ですが、この連休から中3夏期講習をスタートしています。
今から参加希望される場合は、日割りで割引ますので、お急ぎください!

今日は、英語、数学、国語、理科。
毎回、50分4コマ授業が基本です。

英語は、教科書内容のProgram5-3とPUの演習。
これで、教科書内容は終了です。並行して一般動詞の復習。
毎回、英単語20個の暗記演習、不規則動詞の活用なども暗記の徹底。
教科書内容を早めに終わらせて、2学期中盤からリスニング、長文読解のためのスラッシュリーディングの解き方に集中していこうと思っています。

数学は、2次方程式の応用まで終わったので、中1・中2内容の復習内容。
計算系が一通り終わったら、入試問題の[1]をまとめた演習問題を毎日課題にするように準備完了。
学校が休みの8月1日から20日間集中演習にする予定で、合格最低点をしっかり確保してもらいます。

国語は、今日は語彙。
ことわざ、慣用句、四字熟語の集中演習。
次回から、古文・漢文。
歴史的仮名遣いから、古文単語の基礎、漢文の読み方など、千葉県入試に特化した集中授業。
読解はあとで。

理科は、中1の植物、中2の動物を終え、中3の生殖と遺伝。
1学期内容の遺伝の規則は、9月の定期テストに必ず出題されます。

実力テスト・入試と9月の定期テストの両にらみのカリキュラムで、入試基礎力を徹底的に鍛えるカリキュラムです!

2次方程式の応用

今年度は、新型コロナウイルスの影響でまだ学校がやっています。そこで、9月の中学の定期試験を考えると、中3の数学は2次方程式の応用までは終わらせないと、と考え、夏期講習に入っていますが、数学は通常テキストを続行しています。

例えば、こんな問題

ふつうは、中学校の先生は。

として、連立方程式を解け、と教えるのですが、うちの塾では、

なので、

として、係数比較から

と教えています。
中学校の教え方が間違いというのではなく、この方が速くてミスが少ないからです。
かつ、高校で「因数定理」を習います。

つまり、この方法をしっかり身に着けていれば、数学Ⅱの高次方程式を習うときも、同じ考えで解くことができます。

高校で数学ができない子をみると、前にも述べましたが「二重根号はずす公式」とか「解と係数の関係の公式」とか、その意味を理解しないで問題集を計算問題のように使っている。

これではダメです。

だから、2次方程式の解の公式も、一応それができる式変形を示した上で、「今はよく理解できないのならそれでいいから」とbが奇数の場合と偶数の場合の両方を暗記してもらいます。

理由は、高1の2次関数のグラフの問題や、2次方程式の判別式で利用するからです。
僕自身は、数学の先生から納得できるような説明をうけた記憶がないのですが、こうやっておけば、√ がマイナスになるはずないので、判別式が≦0となれば解がないので「2次関数とx軸の交点がない」ことが理解できるようになるはずです。
そして、数学Ⅱで、複素数を勉強すれば、√ の中がマイナスになる「複素数平面」があって、x^3=1の解が三つあり、1のほかにωというのが必要になる理由もわかるのではなかと思っています。

つねに、その場限りの知識、技能ではなく、将来につながるようの意識して指導しています。

高校は定期テスト明日まで

新型コロナウイルスの影響で休校が続きましたが、成東高校は先週、長生高校は今日まで、茂原高校、土気高校は明日で今年度初の定期テストが終わります。
何か、2011年3月の東日本大震災で、最後の期末テストが中途で終わったときを思い出します。

一方、小学生は学校の進度が速いです。
小5生は、塾では「三角形の内角の和」「三角形の外角の和はそれと隣り合わない2つの内角の和に等しい」「n角形の内角の和=180°×(n-2)」(とはいわないけど)を授業しています。
英語は、今年度は教科書準拠にしたので、Jr.SunSine English のLesson4の「can」のところです。
小学校の算数ははや小数の割り算に入りせまってきました。

中1生の数学は、文字式が終わったので、移行措置内容の「素因数分解」。

ついでに

と素因数分解できるときは、約数の個数が

個あることも教えちゃいました。高校内容なのですが、コロナ休校中にみた中学受験するという小6の子は知っていました。
であれば、公立中の1年生でも十分理解できるだろうと。

もちろん、最大公約数や最小公倍数を素因数分解で求める方法なども。
聞くと、小学校で習っていない子も多い。
ちょっと目でわからないとき、困っただろうなぁ、と思います。

夏期講習では「一次方程式」を終わらせる予定です。

社会は、地理の「世界の気候区」が終わったので、歴史にもどり、「平安後期から鎌倉時代」。

平安時代は、「鳴くよウグイス」の794年から、「いい箱つくろう」の1185年までおよそ400年間。

おおまかに3つの期間にわけ、前期は「摂関政治」(承平・天慶の乱)、中期は「院生」(保元・平治の乱)、後期は「平清盛」(源平の合戦)。
源平の合戦ではいいたいことはほとんで省略。

木曽義仲の「倶利伽羅峠の戦い」、頼朝の「石橋山の合戦」の敗退、義経の「富士川の戦い」、「ヒヨドリ越え」「屋島の戦い」はすっとばして、「壇ノ浦の戦い」へ。
このあたり、中学の国語で「屋島の戦い」、高校の古典で「壇ノ浦の戦い=先帝身投」と出てくるところではあるのですが、生徒の頭がパンクしてしまうといけないので。

国語は、まとめの問題と漢字。

明日の中3授業から夏期講習。
さてさてどうなるものか。そしてこっちの体がもつのか心配ではありますが。

高校生の数学では「公式丸暗記ではダメだよ」と高1には「二十根号の外し方」、高2には「解と係数の関係」を説明して、「ちゃんと、なぜ、その方法が使えるのか」を理解するようにいいました。
わかってもらえたかな?
高校で数学でくなくなる生徒は、このあたりにまず問題がある。
公式覚えて数字をあてはめて答えが出たら終わり!-ではいつもでたっても数学アレルギーは治らないのだなぁ。

昨年度の第1回実力テスト 数学の問題から

昨年度の中学校の第1回実力テスト(評価テスト)の大問6の(3)はなかなかの強敵でした。

(1)比例と反比例をしっかり理解しましょう。

比例はy=ax(a=y/x)、反比例はy=x/a(a=xy)です。このグラフは双曲線なので反比例です。

よって,y座標は「かけて6になる」相手をさがします。

レベルとしては偏差値40くらい。

以上からA(-2,-3),B(1, 6), C(3,2)となります。

よって,   2 が正解です。

(2) A(-2,-3), B(1,6)なので,xの増加量は1-(-2)=3,yの増加量は6-(-3)=9なので,直線ABは

y=ax+bに,a=3, x=1, y=6 を代入すると

6=3×1+b より b=3

よって、 y=3x+3 が正解です。

レベルとしては偏差値50くらい。

(3) P(0,-7)より,図のようになります。

ABの傾きが 3,PCの傾きは3

なのでAB//PC。

同様に,AP//BC(傾きー2 )より四角形APCB

は平行四辺形です。

黄色の面積は平行四辺形の4分の1。

平行四辺形は、緑色の長方形からオレンジ色の三角形をひけばでます。

5×13ー2(3×9÷2+2×4÷2)=30。

よって△APC=30÷4=15/2(cm2) となります。

これはレベルとしては偏差値65~70くらい。1学期の中3生にはかなり厳しい問題だったでしょう。

新教科書の展示会に行ってきました

今日は、来年度から中学校で使われる新教科書の展示会に行ってきました。
予想していたとおり、国語、数学、理科、社会の教科書はそれほど大きな変更はありません。
が、これまた予想していたように、英語の教科書は大きく変わりました。
この地区で採択されている開隆堂のSun Shineをじっくり読みましたが、「英語のしくみ」という文法は残っているものの、全体として英会話の教科書という感じです。
特に問題なのは、中1です。
小学校でかなりの単語や表現を身に着けていることを前提にスタートするように編集されています。
今でさえ、新中1は、小学校での英語の習得状況に大きな差があって、大変なのに、この教科書では、中学校に上がったとたんに英語ができない生徒が続出するのではないでしょうか。
つまり、小学生のときに、しっかりと英語を身に着けていないと、その後の勉強や進学に大きなマイナスとなると思います。

来年度から、中学校の英語の授業はAll Englishでの指導が前提となるそうです。

そして、再来年から高校の教科書も大きく変わり、「歴史総合」「地理総合」などの新科目も導入されます。

さなきだに、小学6年度は新型コロナウイルスCOVID-19の騒動で小学生の勉強に遅れが出ています。

学校まかせで何の対策もとらないまま、中学校に進学すると、少なくとも小5、小6の2年分の英語能力が前提となって授業が進んでいきますから、そのまま3年間、いや高校までなら6年間、英語が何もわからないまま授業を受けなくてはならなくなりそうです。

東上総教育センターでは、7月1日まで3階の図書館で新教科書が展示されています、可能ならぜひ行って、新しい中学英語の教科書をご覧ください。