秋、来週は中学生は実力テスト

台風がそれたので安心していたら、連日の雨。

今日は、小5と中1の授業。

小5は、通分がだいぶなれ、英語もまずまず。塾に通ってない子も大丈夫なのか?

中1は、国語の古文から。歴史的仮名遣いの復習と漢文の古事成語。

理科は、光に。

中2、中3とは違い、どの中学も物理やに入っていない。

英語は、「三単現のS」。

中1英語の最難関。主語が、三人称単数と見分けるのは、なかなか大変。

ここが、中1英語の最難関であり、中2、中3に。

主語は何?

と言っとわからない生徒は、永遠に英語が分からない。

What sports do you like?

学校の授業が速い、と毎回ですみません。

小6は、塾では、「比例と反比例」が終わって、計算ドリルで復習しているのですが。

学校もまもなく比例だとか。

英語はJr.Sun Shine準拠にしたので、表題のあたり。

学校は、来週あたりかららしい。

中2では、国語は古典に入り、歴史的仮名遣いから現代仮名遣いに。

こちらはリード。

理科は、学校は早野中と長生中は、電気で並ばれた。

茂原南中は、まだ、動物までいっていない。

塾は、静電気と直列・並列。

通常、2学期に電流、1月から天気なら、シラバス通り。

中学は、コロナ対策で授業スピードを上げて、止まらなくなっている感じ。

生徒は、大丈夫なのかなぁ?

英語は、マイプロジェクトの、ファーストフード店での会話。

長生中だけ、すでに通過。

次回から、不定詞。

オンラインで授業できたこちらは、焦らずたゆまず。

年間シラバスに沿って、しっかり授業します!

算数は小5が鍵!しっかり乗り越えよう

実は、小学生の算数を教えるのは、30年ぶりくらい。

小学生は国語をメインに教えていて、中学生から数学を教えるパターンでした。

というのは、算数と国語では、国語の方が教えにくいからです。

漢字はともかく、読解はなかなか難しい。

これは、中学、高校でも同じですが、中学、高校では文法や古文、漢文なども入ってくるのでまだしもやりやすい。

が、小学生に算数を教えてみると、特に、小学5年生は難しいことを実感した。

もちろん、小1の足し算、引き算、小2の掛け算九九、小3、4の割り算の商の見立てもクリアしたとして。

小5は、小数の掛け算・割り算、分数の通分・約分はなかなか強敵。

小6の方がだんぜん易しい。

ああ、ここが分岐点なのだな、と実感する。

英語の小5からの必修化でこれに拍車をかける。

新課程の英語は、小5も小6もかなりハイレベル。

かなりの生徒が、困っていると思われるのだが。

コロナの影響もあって、駆け込んでくる生徒はいない。

今の状況からみると、駆け込んできた頃には、もはや手遅れになるように思う。

一方、コロナでも塾にきた中1は、なかなか好調で、期末テストも最低8割はなんとか。

学年順位もまずまず。

問題は、出遅れた人で、これから頑張ろうという人。

半年のハンデは大きい。一日も早く追いつき、追い越す意識が大切では。

というのも、千葉県統一テストの偏差値からみると、定期テストがよすぎる。

つまり、都市部の中1は、3月から着々と勉強してきていた。

だが、田舎は、休校騒ぎで後手に回っているということ。

お金は稼げばなんとかなるが、時間はもとにはもどらない。

早く手当てした方がよいと思うのだが?

もうすぐSW。期末テスト対策も

8月26日に休みをとってから、およそ1か月間。
自分の誕生日も含めて、日曜返上で指導してきました。

明日から、茂原南中は期末テスト。茂原早野中は実力テスト。
明後日から、長生中は期末テスト。

そうめん、これで中学生のテストは終わります。

もっとも、9月28日には長生中の、10月1日には茂原中の実力テスト、そして、10月初旬には高校生が定期テスト。

まったく・・・。

とはいえ、来週は日月火と三連休のシルバー・ウィーク(世間では土曜日から)はお休みをいただきます。

働き方改革もあり、これで職員がいたら、労働基準局から呼び出しをくらいそうです。

他の塾はどうしているのでしょうねぇ。

労働基準法では、週20時間労働。つまり8時間5日間。かつ、休日も月8回。
僕の場合は、週30時間以上で休日は8月は2日、9月はようやく4回とれそうです。

というように、忙しいので電話対応は留守番電話がメインになります。
お名前、ご用件を吹き込んでください。
または、メールフォーム(お問い合わせ)をご利用ください!

メールは基本的に24時間以内にご返信するように努めます。

インプットかアウトプットか

教科書やテキストで知識を理解したり、暗記したりすることをインプットといいます。

問題を解いて、答えていく勉強法をアウトプットといいます。

もちろん、インプットが0では、アウトプットしようがありませんが。

最近の教育学によれば、アウトプットこそ、学力を高めるそうです。

この二週間、テスト対策のため、プリントを使った演習に徹しました。

各人かいかなインプットしているかが

アウトプットの演習の成果を決めます!

いよいよ、期末テストももうすぐ終わり。

新しいインプットに入ります。

自分の得点を覚えているか、ということ

テストが終わって、得点を聞く。

すぐに紙に書いて申告できる生徒もいれば、「覚えていません」と、一教科も分からない生徒もいる。

どちらの方が成績がよいか?

もちろん前者だ。

テストに向けてそれなりに努力したら、結果は気になる。

贔屓の球団の昨日の勝敗は、点数まで言えるのではないだろうか。

つまり、テスト結果への関心が薄い。=勉強が足りない。

結果がよかろあか悪かろうか、ボクはあまり気にしない。

それよりも、今よりよくするにはどうしたら良いのか?

と、考える生徒であって欲しい。

そう考えれば、結果は一つ。

なんだが、違う結果に動く、「バカ」が。

清水の次郎長の森の石松。

「バカは死んでも治らない〜」

ようやくテストシーズン 睦沢中、茂原南中

今日は、午後一で市役所。

6階はビニールシートが貼られていますが、職員の半数はマスクなし。

市役所入口は、検温モニターで来庁者の、検温をしています。

入ったらマスクなしてらいいのかな?

小5算数は通分。

公約数がない場合とある場合。

国語は、枕草子の秋の暗記。

小5では分からないんでしょうが、中学に、なったとき、古典暗記の意味が分かる。

中学で国語ができない生徒は、小学時代に原因があります。

例えば、簡単な計算は暗算する。

できない生徒は、暗記・暗算の仕方をわかってない。

中1は、期末テストと実力テスト対策。

先週金曜日に、体育祭で体調不良で休んだ生徒は明日から期末。

うーん。

大丈夫かな?

休んだらら、土日に補充して欲しかったかんじ

生徒は、400点以上に仕上げたいから。

一部小学校は、修学旅行を遠足へ

生徒に、聞くと、中学の運動会は分散実施に。

中3の修学旅行は中止。

小6の修学旅行は、中止か、県南への遠足に変更だそうです。

国内では、修学旅行を実施するところもあるようです。

修学旅行は、電車、バス、タクシーが、三密。

宿が雑魚寝の三密。

それでも実施する学校があるんですねぇ。

遠足でさえ、バスは三密。

感染者をいれば、バス一台感染リスク。

実施を決めた校長さんは、肝が座っている。

千葉県の郡部でさえこの調子。

千葉県南部の勝浦市では、ゴー ツーでなんと15人も集団感染だとか。

ボクは、3月から、会食、外食、会合は一切なし。

高校の入試説明会も、自動車で行ける市内のみ。

6ヶ月間。

自分が感染して、他人にうつすことはあってはならないと思っています。

絶対にかからない、絶対にうつさない。

そう考えて、徹底的に不要な外出はしない。

コンビニや、役場に行く時は、入る時も出る時も、手指を消毒する。

生徒に新型コロナをうつす、クラスターには絶対なるまいと日々気をつけています。

外出、外食、会合、旅行には、くれぐれもお気をつけて。

勝浦市の、集団感染を他山の石に!

新型コロナウィルス対策にオゾン発生器を設置しました

新型コロナウィルスの感染対策のため、

①生徒、職員の検温

②生徒、職員の手指のエタノール消毒

③机やドアノブの消毒

などこれまでも行ってきましたが、床や想定外の箇所の消毒が気になっていました。

今日から、オゾン発生装置を設置して、教室まるごとウィルス対策を実施します。

オゾンは、藤田医科大学や奈良県立医科大学で新型コロナウィルスの消毒に効果があることが証明されました。

しかし、オゾンは人体に有害なので、生徒のいない時間に稼働させて、その後換気することで、教室全体の消毒をすることとします。

オゾンじたいは、酸素の同素体であり、空気中で無声放電すると容易に生成します。

あわせて、脱臭作用やゴキブリ駆除作用もあります。

これまで以上に安心してお通い頂けます。