学力格差がひろがっているようです

Pocket

こんにちは! 茂原市の進学塾好学舎&青葉予備校です。

中学生はだいたい中間テストが終わって、成績表をもってきてもらっています。

テスト結果や通知表評定は、エクセルにまとめて管理しています。

昨日、南中の2年生の生徒がもってきました。

中1の後期期末テストよりかなり得点が上がっていましたので、
「だいぶよくなったね」
と、声をかけると、なぜか、不信な顔をしています。
「どうしたの?」
「平均点より80点以上も上なのに、順位がそれほど変わっていない」
というのです。
「じゃ、平均点を下げる相当できない生徒がけっこういるんじゃないの?」
「学校の先生もいっていました。この学年は完全にフタコブラクダになっていて、真ん中あたりの生徒が少ないらしいです」
「だろうね。きみの得点付近に集中しているはずだから、ここで腐らないで次にあと10点アップしたら、結構順位が上がるはずだよ」

という会話がありました。

うちの塾は無試験で入塾を定員まで受け付けていました。
この時期になって、入塾の申し込みや問い合わせがかなり増えてきました。
が、南中の2年生は、よく学校の成績を聞いて、下の山の生徒には気を付けないといけないな、と思っています。(中2はほぼ定員なので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA