4月の”日々演”を配布スタート

Pocket

中3は、「多項式の展開・因数分解」を中心にした「3月の日々演」が終わるので、今日は「4月の日々演」を配布する予定。

生徒の様子を見ながら、問題・解答を自作するので、結構手間がかかる。ちなみに中3は「5月の日々演」の問題・解答はもうつくった。
とにかく、家庭学習をしっかり管理して、家でも勉強するように細かく指導している。

「日々演」の問題の中には、入試問題なども混ぜて、授業では扱いきれなかったタイプの問題も入れてある。それと、最近痛感するのが、社会、とりわけ歴史について。中1、中2で習ったことがテストが終わったとたんに頭から抜けていく感じの生徒が多い。いわゆる「学力の剥離」という現象だ。
そりゃ、だれでも、習ったから時間が経つと忘れていくのは当然ながら、歴史の場合は過去からの因果関係で次の時代が成り立つわけだから、テストの度にそれ以前の内容が揮発してしまっては、当然歴史がつながらない。

それで、かさねて復習を入れるようにしてみている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA